「畑の花」

f0201348_22101635.jpg
 田園は穂波もきれいに刈り払われ、遠望の山々が錦秋へと直走る寒露。
続いた好天に冬野菜の筋蒔きは一直線に双葉が揃っている。瑞々しい葉は如何にも鳥の好餌であり、日に日に拡がる葉は柔らかく幼虫の食事の場となる。

f0201348_22112662.jpg














f0201348_22114916.jpg

 下り坂の天気予報に午前中より畑に出る。
夕方の畑と違い、野菜と野草の花は生き生きとして陽光に艶っぽく咲いている。


f0201348_22172736.jpg
 葉も虫食い状態で実りも少なくなって来たオクラの花、意外にも今年一番の咲きっぷりを見せている。


f0201348_22201990.jpg














f0201348_22203967.jpg


f0201348_22234345.jpg 冬野菜の3畦に防虫ネットを張り、未だ青々としているサツマイモの試し掘りをする。
期待を込めて遠目にスコップを入れた積りが、赤芋を二分する。
1週間後には”イモムシ”のような蒸かし芋が間食として出てくるだろう。

f0201348_22251820.jpg















 タマネギ用の畦を起こした後、上の休耕田に一斉に咲き誇っているセイタカアワダチソウの穂先を鎌で切って行く。
年中鼻炎に悩まされている私にとって最大の敵である。
基盤整備の遅れている休耕田は、土地が痩せセイタカアワダチソウと萱に占領され、水が入っている時期には毒々しいピンクのジャンボタニシの卵が身震いするように転がっている。

 山登りが4年目の初心者なら家庭菜園も5年目の全くの素人。
年金生活の行動範囲は年と伴に縮んで幼少化していく。
物忘れだけが得意分野となりつつある昨今、年々歳々同じ段取りでする野菜作りをブログに掲載していると、前年を参考にしながら定植したり、改善したりと大いに助かる。


f0201348_222758.jpg 今朝一番にお茶を飲もうとして割った湯のみ。
これは自分で初めて陶土を捏ねて焼いたもので少々残念である。
しかし、今日身の回りに何事も無かったので良しとしよう。

f0201348_13123835.jpg


 今頃、dojyou38さんのパーティーは石鎚山でご来光を拝んで思う存分に岩峰を楽しみ、下山後賑やかに山を話題に飲み、今頃は床に入って寝息を立てているいることだろう。
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2011-10-13 22:35 | 家庭菜園 | Comments(4)
Commented by ぼん天棒 at 2011-10-15 21:47 x
甘党さん
今晩は
めっきり秋らしくなってきました

先日はコメント有難うございました
ぼん天棒も甘党さんのブログ拝見して
います

山と家庭菜園それとお酒を楽しんでいられますね
野菜作りに熱心な甘党さんには害虫も
友達のようですね

一切害虫駆除の消毒作業はされず
おおらかな気持ちで楽しむのもいいですね

由布岳、奥様もお元気で登られましたね
ぼん天棒は数年前の山開きに参加しましたが
その後登っていません

これからは紅葉が楽しみになりました
来週は英彦山に登る予定です

甘党さんの綺麗な紅葉の写真を
期待しています



Commented by dojyou38 at 2011-10-17 09:27
家庭菜園(貸農園)を離れて6年オクラの花忘れていましたが、今にして思えばハマボウそっくりなんですね。
畑には秋口もけっこう虫が多いですね。ベランダのゴーヤにも最盛期には居なかったが終り頃になって実が大きくならないと思ったら虫食い状態になっていました。
石鎚はマイブログに記載の通り残念な結果に終わりました。
Commented by 1944tourist2004jp at 2011-10-17 12:03
こんにちはぼん天棒さん
 お元気で色んな所に刺激を求めて、
感動しているぼん天棒さんのお顔が、
ブログを読む度に浮かびます。
 桜の時期に英彦山に登った時、
観光協会の方が英彦山の紅葉はお薦めですよと仰っていましたので、
時間が許せば私も英彦山に行ってみたいと思っています。
昨日登った鹿嵐山は時期が少し早かったようです。
そして、今月末にでも大船山を予定しています。
 ぐうたら菜園ですから、横の畑と比べると収穫に雲泥の差がありますが、
二人で食べる分には事欠くことがありません。
今年も昨年並みの冬野菜収穫を目指してますが???。
Commented by 1944tourist2004jp at 2011-10-17 12:15
こんにちはdojyou38さん
 石鎚山本当に残念でしたね。
皆さん方も悪天候にがっかりされたことと思いますが、
気の知れたグループさん達、予定変更を臨機応変に楽しまれたことでしょう。
私もブログを待っていましたので残念です。
 オクラの花きれいですね。
本当はもう少し黄色っぽく美しいのですが、
色温度を上げずに撮ったので白っぽくなりました。
名前
URL
削除用パスワード


<< 「鹿嵐山」(1) 「脊振山系」(3) >>