「秋分」

f0201348_1812574.jpg 雨雲の垂れこめた空に生命感の消えた田園が広がり、畔には取り残されたように雑草が繁茂している。

f0201348_185073.jpg 慌ただしい1週間を過ごして、糠雨の中に細い畔を通り畑へ下りて行くと、次代に種を振り撒いたキバナコスモスに寄り添うように彼岸花とムラサキシキブが咲いている。

f0201348_1872290.jpg夏野菜が細々と実る殺風景な中に目を引いて離さない橙と赤と紫、このような時期にはとりわけ和みの彩りである。

 ゴーヤのネットは強風になぎ倒され横のオクラに助けられるよう踏ん張っている。2年前に河川敷から刈って来たメスダケは吹き曝しに耐えきれず2度目の倒壊である。簡易修理してナス、オクラ、ゴーヤ、ピーマン、ナタマメと袋一杯の収穫。
また、黒豆を正月用に播いていたが、期待に違わず実を付けている。


f0201348_18103099.jpg 人一倍大きな声で話し、笑い、そしてこよなく花を愛して、95歳で苦しむことなく、また痛みを伴うこともなく天寿を全うし、人が羨むように眠りに就いた丈母であった。

f0201348_181052100.jpg

 73歳でバイクを趣味としているSDの従兄を見送った後、観光客でごった返している浅草寺にお参りして帰途に就く。
f0201348_18112297.jpg

[PR]
by 1944tourist2004jp | 2011-09-30 18:00 | その他 | Comments(4)
Commented by 1944tourist2004jp at 2011-10-05 20:10
今晩は海彦山彦さん。
 その節は大変お世話になりました。
登山口から最後尾を一緒させて頂き、皆さんとの山談義を聞きながら素晴らしい山行を楽しみました。
 GPS全盛になりつつある山で、あくまでも地図を読みピークを目指す貴男に山男の美学を感じました。
宗像の黙して語らぬ獣医さんの話をしましたがよく似ております。
 専門家の貴男にお褒め頂きそれこそ汗顔の至りです。
HPへのリンク、勿論OKです。
まだ4年しか経験の無い私にとって、山の情報交換や知己を得ることはこの上なく嬉しいことです。
 今後ともよろしくお願いします。
Commented by dojyou38 at 2011-10-05 22:44
秋はなんとなく哀れを感じますね。
秋の花も華やかなようで寂しさ感じます。
夏の花や野菜も早めに見切りを付けることも出来ますが、
刈り取るのが哀れで最後まで真っ当させてやりたい気持ちになります。
私のベランダではまだ朝顔が咲き、ゴーヤも小さいながら実を付けています。
Commented by 海彦山彦 at 2011-10-06 07:26 x
おはとうございます。
こちらこそお世話になりました。
あの時撮られていた写真がこんなに素晴らしいものだったとは脱帽です。〜山男の美学なんてもんじゃありませんよ。単なるアナログ志向なだけですから。リンク快諾ありがとうございました。早々にリンクさせていただきました。今後ともよろしくお願いします。
Commented by 1944tourist2004jp at 2011-10-06 09:57
dojyou38さんおはようございます。
 全く同感です。
野菜の畝に残るピーマン、ナス、ゴーヤなどの一かけらの実を切るに偲びず、冬野菜の準備が滞っています。


<< 「運動会の季節」 「犇」 >>