「おじさん達と娘」

f0201348_20455911.jpg
 数日前、旧職域の現役の後輩から「19日空いていますか、いつものメンバーで飲みたいんですが?」と電話が入る。SDは雰囲気で悟り、そばに居る娘に「飲み方の誘いみたいね!」と話したのだろう。
電話が終わって間もなく、娘から想像だにしない「私も参加してよい?」と語って来る。「退職したおじさんが中心の飲み会だぞ」と返事するが、それでもOKと言う。
私がまだ働いている頃、職場の女性3人と飲んでいる所に突然携帯が掛り参加したこともある。

f0201348_20525748.jpg 親の血筋か独身時代を謳歌しているのか、仕事帰りに小料理屋に一人で寄って、「お年寄りと話しをするのも面白い」と聞いたこともある。
いずれにしても年取った親父の飲み会に躊躇無く参加する風変わりな娘である。
 仕方なく再度誘ってくれた友人に電話を入れ直し、娘の参加に伺いを立てると一応快諾してくれた。



f0201348_20535676.jpg 近所の友達を拾って、SDに居酒屋まで送って貰い落ち合うおじさん達4人と若い娘。
親として共通の話題があるのだろうかと杞憂するまでも無く適当に話しが弾んでいる。
 いつものように生ビールで乾杯し、3人は直ぐに焼酎のお湯割りと移っていくが、現役の友人は焼酎アレルギーと決して口にせずいつもビールか冷酒である。
 娘は私同様、酒に選り好みの口は持っていない。何でもござれ派である。
しかし、「今日は家に放置してきた植栽の水遣りと生ゴミの片付けがあるので帰ります」と、皆さん方に止められつつ1時間半程度でジョッキ3杯と冷酒1合枡を飲んで酔いの気配もなく席を立つ。
 適当に酒のペースを合わせ、そつなくおじさん達の話題に違和感無く喜んで帰って行った。
友人達も雰囲気が変わって、少なからず喜んでくれたようで一安心であった。

f0201348_11452128.jpg 3時間程度で終了して、友達二人は家族の誰かが迎えに来る。
私は毎度のことであるが、近所の友人と連れ立って2駅間、酒と話しの余韻を感じながら、大凡4kmの夜風に身を任せながら歩いて帰る。

 今朝は二日酔いもなく、我が家の今年2番目のハイビスカスを撮って、甘水を汲みにく途中にある蓮根畑に行く。

 夕方、娘は夏休みを二日残して「楽しいお酒だったよ、皆さんに宜しく」と帰って来た。
そして、高校時代の友達と食事をすると言って出かけてしまった。

f0201348_1104222.jpg 







 網戸に留まっているクマゼミ。死んでいるかのように動かなかったが、5分ほどして飛び去った。
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2011-08-20 20:43 | その他 | Comments(2)
Commented by dojyou38 at 2011-08-24 16:00
一緒に杯が傾けられるお嬢さんがいて羨ましい。
しかも誰とでも気後れすることなくお付き合いが出来る社告的なお嬢さんで頼もしい限りです。
甘党さんの元同僚も、若いお嬢さんの参加で華やぎさぞ喜んだことと思います。
Commented by 1944tourist2004jp at 2011-08-26 18:43
こんにちはdojyou38さん 
 私に似て酒飲み娘です。
盆休みで帰って来る時もウィスキーとビール持参でした。
(ウィスキーの大半は私が飲みました)
部活やワーキングホリデーの経験、そして一人で自由気ままに生活しているせいか物おじしないようです。



<< 「無題」 「墓参り」(帰路の高速で) >>