「タマネギが少し枯れている?」

f0201348_20533869.jpg
 明日の雨を前にして、「ささやかな収穫と畝起しでも」と思って出掛ける。
二人とも鼻炎真っ盛りで田園風景に馴染まないマスク姿をしている。
10年ほど前に私にうつした(?)アレルギー性鼻炎を最後に軽快していた妻も、何故か半月ほど前からの再発に苦しんでいる。
心の底ではひょっとして私が良くなる番かなとも期待している。

f0201348_2034457.jpg













 ブロッコリーをレジ袋2つ程収穫している間に、私は栽培成績の一番良い畝を起してコンポスト堆肥を混ぜ込む。
水稲の時期には当然ながら水分が抜けきらない休耕田の畑の中で、気持ち良い程に乾燥して細粒化した土壌の畝である。ジャガイモ、冬野菜と想像以上の収穫をして、今年はキューリ、ナス、トマト、ピーマン等の夏野菜を存分に栽培したい。
 生育不良に終わったダイコンとカブは防虫ネットを持ちあげるように美しい菜の花が咲き誇っている。
小振りのダイコン数本と赤カブの花を持ち帰る。
 栽培中のタマネギを見ると先が枯れかかっている。
家庭菜園では栽培に手間いらず、家庭料理にとって貴重なジャガイモとタマネギである。
ネットで調べると「べと病」らしい。
「べと病」は土壌中に残って生存しているぺロノスポラ デストラクターという卵菌類に属する病原菌の感染によって発生し、その卵胞子は土の中で12年ほどに長期間生存しているらしい。そのせいで連作圃場で発生する傾向があるとのことであった。
 無農薬や無消毒を原則としているのでどのように対処してよいやら判らない。
枯れた所に胞子を確認していないので、単なる発育不良であって欲しいと願うばかりである。


f0201348_20573393.jpgf0201348_2058923.jpg
f0201348_2057495.jpg
f0201348_211189.jpgf0201348_213156.jpg
f0201348_214230.jpg
f0201348_216227.jpgf0201348_22363077.jpg
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2011-04-08 20:07 | 家庭菜園 | Comments(4)
Commented by dojyou38 at 2011-04-09 20:56
この時期のアレルギーは全部連れ合いに押し付けて、ノーテンキな私です。
これが玉葱のべと病ですか。
もっとも、5年前に家庭菜園を返上した私には、勉強してももう遅いですが。
市の家庭菜園を借りて6年間遣りましたが、
初年度が一番良くて、だんだん収穫が落ちていった、難しいですね。
Commented by 1944tourist2004jp at 2011-04-09 23:48
今晩は。
 鼻炎無しとは本当に羨ましい人生です。
私は定年退職を前にして発症して、塵埃とか臭気に敏感な団子鼻になりました。
結構辛い物があります。
 始めて4年ですから、これが「べと病」かどうか判りません。
40坪ほどを肉体労働で耕作していますが、年金生活にはぴったりの趣味とwifeと頑張っています。
そろそろ山の季節ですね。
Commented by 風来坊 at 2011-04-10 04:49 x
おはようございます、甘党さん。
タマネギのべと病、経験が無いので分かりませんね。あとはそのまま、経過を見るしか無さそうです。べと病の薬はあるような気がします。
でも、結構大きく育っていますね。コンポストでの肥料作りまで、されている成果なのでしょう。
Commented by 1944tourist2004jp at 2011-04-10 10:23
おはようございます、風来坊さん。
 熊本、東京日帰りと本当に忙しい中、休みには山と畑、進取な気象と言うか、そのエネルギッシュさに改めて感心しています。
風邪のウィルスも直ぐ逃げて行きますよ!
 コンポストはwifeが”ごみ”の減量化と堆肥の一石二鳥でつくったものです。
タマネギの写真、生育良さそうに見えますが、写真で誤魔化しています。二畝ありますが一方はもう少し枯れているようです。
既存の農薬は使いたくないので私が飲む焼酎でも噴霧してみようかな。(冗談)放置です。
 久し振りに山登りを計画しています。


<< 「タマネギにべと病が」 「四月の初め」 >>