「Home、空から見た地球」


f0201348_1695575.jpg 小さな町の名もない桜を見て歩く。
子供達の卒業した学校、いつもウォーキング中にお参りしている寺社、そして初孫ができて1週間後の退院時にわざわざ遠回りした桜並木である。満開ではないが例年の如く美しい。
f0201348_1612381.jpg
最後に雨上がり紺青の空の下、土筆を採った土手へと行ってみる。前回と同じように手に二抱え程の収穫を持ち帰る。
卵とじ、天ぷら、そして佃煮風にしてご飯にまぶして食した。主役たりえない分、毎度出されても厭きないほどに美味しい。
f0201348_16143050.jpg

f0201348_16152932.jpg 想像を絶するような自然の景観、そして人間の欲が織りなす景観、皮肉にもその美しさは共に素晴らしい。
破壊も創造の一つと考えれば良いのだろうか。



 数十億年に渡り培われた地球の遺産を、数十万年の人類が正に食い潰そうとしている。
「Home、空から見た地球」は、その芸術的な美を通して人類の知恵が宝石のように輝く地球を破壊し尽くしそうとしている現状に問題提起したドキュメンタリー番組である。
 産業革命に始まり、化石燃料が人類へ恩恵をもたらした寸毫の期間で破壊しようとしている。
そして、残されているだろう数十年への警告を、物悲しいナレーターの声と音楽に乗せて訴えている。 
革新的な科学技術の進歩で、先進国と豊かな資源を抱える国の一部は豊かな生活を手に入れ、残された8割の民は開発と人口爆発の狭間で苦しんでいる。
f0201348_16174915.jpg 久し振りに感動したドキュメンタリー番組である。
BS放送でなく地上波で、そして教育番組として利用して欲しいものである。
 地球は宇宙の理屈で消滅してしまうのだろうが、人類が早く消滅すればするほどに、その死がやって来るまで「青い地球」として輝けるのかも知れない。
宗教は人の生きる道を教えてくれているが、宇宙観を基本にした般若心経は人類の究極の教えかも知れない。f0201348_16195159.jpg
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2011-03-31 16:08 | 雑感 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< 「四月の初め」 「土筆」 >>