「土筆」

f0201348_18293091.jpg
 午前中から「土筆でも採りに行こう!」と2回ほど声が掛かってくる。
昨晩の酒が少し残っているので「はー」と、炬燵に寝そべったまま心無い返事を繰り返す。
 二日酔いも少し醒め、TVも一段落した昼過ぎに散歩がてらと誘いに乗る。
いつものウォーキングコースから少し逸れた土手沿いへと見当をつけて歩き出す。

f0201348_18295546.jpg 不思議なことに日当りの好い畦の土筆は背が低く、背丈が低く疎に咲いている菜の花の中に見つけた土筆は、瑞々しくて節間が長く20cm超の見事なものである。

f0201348_18304186.jpg





















数歩遅れた所に「お店で売っているものに負けないね!」と年甲斐もなく歓喜の声を聞く。
皆さん方の散歩コースに入っているので余り期待していなかったが、何の!何の!両手に二握り程の収穫である。

f0201348_18312125.jpg
 先ずは卵とじで出してくれるらしい。
そして、明日は甘酢漬けでとのことである。

料理のできない私の仕事は”袴取り”である。










f0201348_18404312.jpg
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2011-03-26 18:26 | その他 | Comments(6)
Commented by 風来坊 at 2011-03-27 03:12 x
おはようございます、甘党さん。
海外旅行から帰られて、レポも多く書かれてお疲れ様でした。
私にとっては海外の様子より、ツクシの写真の方が癒されます(笑)
ツクシはほとんど食べたことが無いのですが、短いのより長いほうが美味しいのでしょうか?
Commented by dojyou38 at 2011-03-27 08:49
なかなか暖かくならなかったが、やっと野外が気持ちの良い季節になりました。
アウトドアー派の私は遠出したいのですが、
茨城から避難してきた3歳の孫との遊び中心の毎日です。
Commented by 1944tourist2004jp at 2011-03-27 10:04
風来坊さんおはようございます。
 味についてはよく分かりませんが、しゃきっとした繊維の歯ごたえと少しのえぐみは料理次第だと思います。
節間が長いと袴取りが助かります。土手歩きに1時間半、そして袴取りに1時間半掛かりました。あくで手先が真っ黒になりました。
 このような山菜取りに余り趣味はありませんでしたが、wifeに絆されていつも出かけています。
昨晩は卵とじでしたが、ネットで見ると色々と土筆料理もあるようで、今晩が楽しみです。
Commented by 1944tourist2004jp at 2011-03-27 10:15
dojyou38さんおはようございます。
 私も同じように4歳と2歳の孫がいます。色々と大変でしょうがお孫さん相手に楽しみもありますね。
3歳でしたらちょっとした山に連れて行けると思います。
 昨年、少し愚図られながら立花山に登りましたが、山頂での弁当美味しかったですね。
Commented by desire_san at 2011-03-27 14:50
一面に咲く菜の花やつくしなどに自然の生命感を感じます。自然の世界では春がきているのですね。

東北関東大震災で被災した方のニュースなどで心が痛むことが多い毎日ですが。このような写真を拝見すると、少し救われた気持ちになります。私も花のある場所に出かけていこうという気持ちになりました。

私もブログに山口の写真を載せましたので、よろしかったら覗いてください。
ブログにコメントなどいただけると感謝いたします。

Commented by 1944tourist2004jp at 2011-03-27 19:59
desire san今晩は。
 今月は東北地方の被災者に申し訳無くて、山登りを控えて畑と散歩の日々です。
 貴方のブログはいつも楽しみしています。
浅学な私にとって、理解を越える記事もあり時々しかコメントは出せません。
 瑠璃光寺の五重塔は日本三大名塔に恥じないと言うよりは、木立に佇む姿は他に比べより美しく感じました。
今後も感銘を受ける様なブログ期待しています。


<< 「Home、空から見た地球」 「冬野菜の第2弾」 >>