「イタリア紀行1」(プロローグ)

f0201348_2131721.jpg 末娘がワーキングホリデイで使った後、納戸に放置されていたオレンジ色と黒のツートンカラーのがっちりとしたトランク。
旅行の準備に5年振りに開けると、少しのカビ臭さと伴にNZの豊かな自然の香りが映像に乗って漂って来る。
英会話の準備が滞る中に出発したが、1年間良く頑張ったものだと改めて感心する。
一人で生活している今、これ等の経験が潜在的な力となって生活力と価値観に役立っていることだろう。
 北島で生活の地慣らしをして、ベルギーの女性と入った南島の農家で、休みも無くこき使われ「私達は奴隷ではありません!」と彼女と共に飛び出した経験、農場、ホステル等での労働、軽飛行機で山々をトレッキングした喜びの垢が浸み込んでいる。
その間の一喜一憂を懐旧する二人。
 ヨーロッパには定年退職直後に行きたいと思っていたが、公務員の天下り先となっている(?)公益法人からのお誘いがあり、延び延びになっていた旅行である。

(アマルフィ近郊ポジターノ)

 卒後就職した会社を退職して、今は懐かしいソビエト航空アエロフロートのイリューシンで当てもなくコペンハーゲンへと旅立って以来のヨーロッパである。
心細い一人旅であった。その時は真冬の悪天候でモスクワのホテルで余儀なく1泊させられた。



f0201348_2128959.jpg デンマーク、ドイツ、オランダと通ってイギリスに渡り、半年ほど“フラット“を借りてロンドンに滞在したが、余りの日本人の多さに辟易としてダブリンへと渡り、郊外に住みアイルランドを一周する中で危険地帯となっていたベルファストにも1泊した。
帰国途中のパリで、ベルサイユ近郊のスチューデントホテルに1ヵ月ほど滞在して美術館巡りして帰って来た。
 帰国後、第1次のオイルショックの真っただ中で半年ほど仕事に就けず親に苦労を掛けた苦い思いでもある。
 今回は安いシーズンオフと円高を狙っての旅行であるが、「加速度的に揺れ動く世界の経済情勢と政情不安」を考えると、海外旅行は“急げ!”かも知れない。
 妻としては音楽の都ウィーンであったり、芸術の街パリであったかも知れないが、最終的には私の第1希望である古代遺跡のローマとルネッサンス等の芸術が国中に満ち溢れたイタリアを選んだ。
勿論贅沢は言えない年金生活のツアーである。
 今使っている登山用のザックは10年ほど前にNZとオーストラリアを旅行した時に買ったものであるが、私は今回も山の延長と思ってザックを背負って出掛けることにした。

                                                             (ミラノの大聖堂)
「イタリア紀行2」(出発)を見る時はこちら
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2011-02-20 06:58 | その他 | Comments(4)
Commented by dojyou38 at 2011-02-23 17:34
初めて訪問します。 これからイタリアですか。
随分と海外ステイのベテランのようですね。
私はリタイアー直後、ステイしようと思っていましたが事情あり果たせていません。
イタリアへは昨年、ジェノバからのクルーズを経験しました。
Commented by 1944tourist2004jp at 2011-03-02 11:47
dojyou38さん初めまして。
 決して海外旅行のベテランではありません。
地中海クルーズとは贅沢な旅ですね、羨ましい限りです。
 私達はミラノから”かかと”のアルベルベッロまで急ぎ足のイタリヤ縦断でした。
日々少しづつ更新していこうかと思っています。
Commented by ぼん天棒 at 2011-03-08 04:53 x
甘党さん
お早うございます
いとも簡単に海外へ出掛けられる
甘党さん

イタリア紀行文拝見しています
どんな旅行をされたのか続きを
待っています

Commented by 1944tourist2004jp at 2011-03-08 22:40
ぼん天棒さん、お久しぶりです。
 円高と世情を感じて、急げと思ってイタリアに行きました。
古代遺跡と芸術、想像以上に感激しました。これからブログも南伊に行きますが、宜しければこれからもお越し下さい。
 ブログを書き終えた頃から山行計画でも立てて、花の春山でもと思っております。


<< 「イタリア紀行2」(出発) 「建国記念日に法事」 >>