「建国記念日に法事」

f0201348_15481773.jpg 妻と娘達は時々行っているようだが、私は何年振りだろうか。
一戦(?)を離脱した今、老境に似合う服も無く行く必要もない。5・6年振りかも知れない。
 馴染みの大きな駐車場はモール増設の拡張工事で入れない。
私がアウトレットを利用するのは靴だけである。
ウォーキングシューズであったり登山靴であったりと数回利用している。
 今回は世に名高い“女性の買い物”の付き添いである。
ウィンドウショッピングして歩くので最終的には全店を周ることになる。f0201348_15554046.jpg
 そして、昨日は4歳違いの兄の七回忌により末娘と3人で実家を訪ねる。

f0201348_15533532.jpg 玄関先の甘夏が、それと無くお袋や親族の無事を教えてくれているように、青空を背に撓に実って迎えてくれる。
 若くして梅林寺で修業されたご住職に合わせ“般若心経”を唱えるが、息継ぎが中々難しい。
生前の兄と親父の写真を前にして神妙に吟唱される中で、私は漢字何文字ごとに息継ぎされているのか数えたりと、瑣事に集中して行く。f0201348_1558160.jpg

 長い正座に慣れない私達は、その後のご焼香に膝で歩く始末である。
若いご住職も「私も長い正座は苦手です、捻挫する人もいるそうですから無理せずに」と優しく仰ってくれる。
f0201348_1622492.jpg ご住職とは早世されたお父さんの時代からのお付き合いがあり、法事の後に酒を飲んで囲碁を打ったり、また今のご住職が某有名私立高で野球をやっていたことも知っているので、いつの間にか野球談義へと移って行く。
 息子さんがお同じ高校の野球部に、投手として引っ張られ今年入学するとの喜ばしいお話も聞ける。
既に175cmの長身で将来が期待される。
「檀家寺の息子さんがいつしかプロ野球で活躍してくれると、私達も何となく身近に感じて嬉しいだろうな!」と思いながら会話が弾む。f0201348_16204684.jpg
 ご住職が帰られた後は、骨折が快癒して週4日デイケアーに通っているお袋を囲んで酒盛りが始まる。
子供達はビール、私と義兄は焼酎に分かれ3時間4時間と杯が重ねられていく。
帰りの運転はいつも犠牲になる妻。こればかりは申し訳ないが代わってやれない。
 「昨晩は6杯くらい飲んだのかな?」と控えめに問えば、「10杯は飲んでると思うよ!」とオーバーに見積もって答えてくる二日酔いの雪の朝である。
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2011-02-12 16:23 | その他 | Comments(4)
Commented by 風来坊 at 2011-02-12 19:15 x
こんばんは、甘党さん。
奥さんにお世話になっているのはいずこも同じです(笑)
奥さんは騙せませんね!良く観察されています(笑)
この三連休は天気も悪く、飲むしかなさそうです(笑)
Commented by 1944tourist2004jp at 2011-02-12 19:41
そうなんです、今晩は。
 家族で外で飲む時はいつもwifeが犠牲になっています。
今日明日山に雪が降った後に山に行きたいんですが、今週中にジャガイモの畝を片付けなければなりません。
サボったつけが来週に来そうです。
Commented by ぼん天棒 at 2011-02-12 21:18 x
甘党さん
ご法事の記事を意見して思いました
人の世ははかないものですね

散る桜残る桜も散る桜
裏を見せ表を見せて散るもみぢ

11日建国記念日で思い出しました
宮崎の高千穂町では建国記念日の
前夜祭で髭の神様や女の神様のコンテストが
ありますよ
山もいいけど夜神楽見物如何ですか
Commented by 1944tourist2004jp at 2011-02-12 22:43
今晩は。
 兄貴より2歳長生きしている私ですが、あっけなく死を迎える人もいます。余生を思いっきり楽しみたいと頑張っている積りです。
”散る桜残る桜も散る桜、裏を見せ表を見せて散るもみぢ”生き様と死にざまを表現した言葉だと理解しております。
 高千穂町の夜神楽、現役時代に懇親会の最前列で拝見したことがあります。勇壮で素晴らしいものでした。
神楽は何度見ても良いものですね。
 来年の建国記念日には是非思い出したいと思っております。
それにしてもぼん天棒さんはよく動かれています。参考になります。




<< 「イタリア紀行1」(プロローグ) 「大相撲の八百長に思う」 >>