「幸せに感じること」 

 1月は色んな所での偶然の出会いに、お年玉を貰ったかのような気分に浸っていた。しかし、2月に入ってネット購買で騙されて一気に長く続いた正月気分も吹っ飛んだ。
 デジカメのバッテリーをネットで調べると純正部品の30%程度の値で出品されている。
モデルno.を確認して注文すると、純正かどうか不明だが日本製との受注メイルが入って来たので安心して送金する。
 2日後に宅急便で送られて来たバッテリーに疑いの欠片も持たず、充電後に装填してonにすると、「リチウム電池を挿入して下さい」と表示され起動しない。
取り出した電池のモデルno.は間違いないが、“made in CHINA”と書かれている。要するにリチウム電池の擬い物である。
 大した金額ではないが騙された悔しさで、残していたメイルから注文品と違うことを根拠に代金の返還メイルを送る。そして、消費者相談をPSすると、あっさりと「返還に応じます」と返信が来た。
良心的なネット販売業者にとって、本当に迷惑千万な輩である。
 このような事件があった日、買い物の車の中で「今、俺が幸せに感じていること分かるかな?」と問えば、「ふふふっ!」と鼻で笑われた。
時を置かずして「孫と会っている時とか、美しい雪山の一部に成りきっている時とか」と予想していたが返事が無い。
仕方なく、私の方から「一に便座が暖かいこと、二に就寝時に蒲団が暖かいこと」と言うと、本格的に哄笑された。
 今朝の新聞、”温水洗浄便座「ウオシュレット」の累積出荷台数が3千万台を突破した”との偶然の記事に肩を叩かれ、この2日間の出来事を書く気になった。
慣れると旧来のトイレが如何に不便で老人にとって厳しい排泄環境(?)であったかよく分かる。
ここ10年来暖かい便座に座っているが、歳を重ねる毎に、また寒が厳しい今冬などは特に有り難い。
毎朝のトイレが本当に嬉しく楽である!
 また、就寝前に布団乾燥機を5分ほど付けて置くと、布団全体が暖かくこの上なく寝心地が良い。これまた天国に連れて行ってくれる。
以前は電気カーペットの上に布団を敷いていたが、乾燥機の方が断然経済的で暖まる。
 このような瑣事に幸せを実感しながら着実に歳を重ねている。
晩酌無しが今日で3日目、5日には毎年行われている学窓の新年会があるので、胃と肝臓には気持ち良く待機して貰わなければならない。
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2011-02-03 22:55 | 雑感 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< 「同窓の新年会」 「2月1日」 >>