「九年庵、脊振神社から」家庭菜園へ

f0201348_1033135.jpg 一番の紅葉見頃を堪能してきた後、放置していた播種畝への水遣りに急ぐ。
 散水した後にタマネギの畝を確認しに行くと、由々しき事態になっている。
f0201348_10345029.jpg タマネギを二畝に分けて定植したが、落花生収穫後の畝はうねる様に浮いて、大事な根が浮き上がっていたり苗が倒れたりと、枯れてはいないが萎えかかっている。
初めてのことだし、もう一方の畝に全く異常がないところを見ると明らかにモグラの仕業である。
即製モグラ避けとして、地中に風の振動が伝わる様に棒を立てて行く。
f0201348_10363018.jpg 慌てて苗を埋め戻し、浮き上がった所を修復していくが少し心配である。
 野菜を間引きして、全く面倒を見ていなかったサトイモの収穫をするが小粒ばかりである。
これまで世話無しでお店に並ぶようなものが収穫できた油断であろう、流石に無視すればサトイモもひねて当り前である。
食す以前に二人して申し訳ないような気分になる。
f0201348_10371684.jpg 帰宅後、ガレージの上に大振りの葉を枯らしなが這っているキウイの収穫をする。
 今週末に来る孫達に捥ぎらせるための30個程残して捥ぐって行くが、予想外に多く小玉を入れると140個程になった。
 ビニール袋にリンゴと一緒に分けて子供達にお裾分けし、残りは朝食にヨーグルトに緑を添えて頂く。
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2010-11-18 10:11 | 家庭菜園 | Comments(0)


<< 「小春日和に畑仕事」 「九年庵から」(脊振神社)  >>