「高校ラグビー県大会」(2)

(先の日曜日より少し色付いた公園)
f0201348_19433779.jpg
 先週に続いて母校の応援に出かける。
f0201348_19443318.jpg 終日晴天の筈であるが、朝起きると道路は濡れているし雲が一面に張り出している。
しかし、流石に確度の高い日本の天気予報、家を出る頃には清秋の空が広がって来る。
f0201348_19463252.jpg お握りとお茶を持ち込みスタンドから離れず全試合観戦である。
 今日は母校もさることながら、第1・2地区の準決勝4試合があり、全国大会を悉く制覇進行形の東福岡の戦いぶりを是非見たいと思っていた。
 第1地区の準決勝第1試合は「筑紫が丘」が予想外に一方的な試合で勝利する。

f0201348_20432351.jpg そして第2試合は目玉の東福岡と文武両道の東筑である。
前半一時的に東筑の健闘が目立ち互角以上の試合進行で14対7とリードするが、前半間際にはきちんとリードして終わる。
 後半は東福岡が本領を発揮して相手チームを全く寄せ付けずノーサイドとなる。フォワードもバックスも安定感がある。
f0201348_1949532.jpg 第2地区の第1試合は母校と東の勇「小倉高校」との対戦である。
 準々決勝で小倉高校の強さを目の当たりにしているので接戦が予想されたが、懸念されたディフェンスも改善され予想外の差で勝利を収める。

 今年は福岡県から2校出場となっているので、東福岡と当たらずに第2地区の決勝で勝てば昭和57以来の全国大会出場である。
 旧制中学時代は15回出場して、優勝1回準優勝2回、戦後は11回出場で優勝1回と全国有数の古豪である。
 第2試合は同じく古豪修猷館と第2地区Aシードと思われる筑紫である。
最終的には筑紫に軍配があがったが、最後の最後まで修猷館が1点差で勝つチャンスはあった。
強豪筑紫にとっては冷や汗ものの勝利である。
f0201348_19524973.jpg 来週の土曜日は全国大会の出場権をかけて両地区の決勝戦が福岡アビスパの本拠地レベルファイヴスタディアムで行われる。
 サッカーファンでもないので行ったことは無い。
今週末は一石二鳥の土曜日となる。

f0201348_2050286.jpg 最後に応援の在り方について少し苦言を呈したい。
 ノーサイドの意味を理解して、のべつ幕無しに大声で応援合戦するのではなく、対戦相手を思いやり、けじめを付けた集団応援をして欲しいものである。
ラグビーに嵌っている人、冷静に見ている人の共通の感想だろう。
(差し替え予定の借りもの写真)

「高校ラグビー県大会」(3)を見る時はこちら
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2010-11-07 19:36 | その他 | Comments(2)
Commented by 英510 at 2010-11-11 17:46 x
花園が目前になりましたね。
関東地方から、貴兄の母校の勝利を祈っています。
Commented by 1944tourist2004jp at 2010-11-11 21:47
今晩は。
 有難うございます。
難しいかも知れませんが、力一杯の応援でトライを後押ししたいと思っています。
名前
URL
削除用パスワード


<< 「脊振山の紅葉や如何に」(1) 「計画外の畑仕事」 >>