「久し振りのラグビー観戦」(1)

f0201348_213508.jpg
f0201348_2144012.jpg 雨予報の今日、「全国ラグビー選手権大会」県決勝トーナメントで春日公園へ朝から出かける。
本会場では4試合、第3試合には母校が出る。f0201348_21102278.jpg





 私が高校現役の頃は花園の常連校であったが、強豪の面影が消えて久しい。
f0201348_21121178.jpg ベスト16のシード校になっているので1回戦は問題ないかも知れないが、シード同士が当たる2回戦からは全く不透明である。
 今年は福岡から第1、第2地区と2校が全国大会に進めるらしい。
第1地区は昨年全国大会優勝の東福岡高校が頭抜けているが、第2地区は有力されている筑紫のほかシード3校にもチャンスがある。
f0201348_2119029.jpg 嬉しいことに雨は降らず、昼前後には晴れ間も覗き、遠くに脊振山系を望みながらのラグビー日和となる。
 公園内で開催されている商工会祭りの露店で昼飯の焼きそばとお好み焼きを買ってメインスタンドに陣取り全試合観戦する。
8校の選手達の家族や卒業生だろう6・7分の入りである。
f0201348_21202242.jpg













 4試合とも順当にシード校が一方的に勝って一安心である。
母校も球際の強さはあるようだが、2トライ2ゴールを許した防御については大いに不安が残る。
 勝負強さの根源は防御にあると思っているので、シード校同士が当たる11月7日開催の準々決勝では相当気を引き締めてかからないと悔し涙が待っているかも知れない。勿論応援に駆け付けたい。
 若かりし頃、正月は実家に兄弟が集まって酒を酌み交わしながら高校ラグビーや大学ラグビーの試合を見ながら時を忘れて過ごしたものである。
その頃はサッカーに比肩すると言うより、ラグビーに軍配が上がっていたようにも思う。
いつの頃から無くなったのか判らないが、冬の全国高校ラグビー選手権大会は必ず全試合が深夜にダイジェスト放送されていたし、大学、社会人
f0201348_2142090.jpgラグビーも実に華やかであった。
 しかし、近年はラグビーがマイナースポーツとなって、マスコミに取り上げられる頻度が余りにも少なくなった。
 ラグビーを愛する人間にとって、その寂しさは計り知れない。
要因についてはいずれ論じたい。

「高校ラグビー県大会」(2)に戻る時はこちら
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2010-10-31 20:58 | その他 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< 「秋のバラフェアー」 「ご褒美の晩酌」 >>