「尖閣列島侵犯事件」(2)

 日本の弱腰外交を見据えて、勝手に吠えまくった中国の横暴外交。
世界中が奇異な目で見ていると知るや、トーンダウンして今後の日中関係は日本の出方次第と相変わらず責任転嫁論に励む卑しい中国。
 ここで政府が固有の領土に侵犯して無謀にも偽装漁船が海上保安庁の船に体当たりをしてきた損害賠償請求と証拠ビデオを世界に配信しないと、永遠に世界中から「へたれ外交」の足元を見られかねない。
 一部の中国寄り評論家が「冷静に話し合いで」と宣ふ(!)が、常識ある民主国家なら全く仰る(!)通り、しかし相手は知的財産権や商標権問題に代表されるように無法な共産党一党支配の国家である。
 戦後、日本人の道徳的民度の低下を危惧する人間の一人として決して偉そうに言えないが、片や歴史的に生存競争の曝されてきた文化度の低い国民なのである。
外から自国を見た中国人の感想だから間違いないだろう。
 自民党の国益放棄と官尊民卑路線に辟易として、国民が与党に推した民主党。
小沢一郎や己の力で勝ち取ったと誤解されては困る。選択する党が無かったから已むに已まれず夢を託しただけのことである。
 残り3年、民主党左派(旧社会党や日教組出身等)の意見が罷り通るような民主党であっては国が滅ぶ。
 外国人地方参政権が国会を通れば対馬や沖縄はどうなるのか。
対馬では自衛隊の基地近辺まで韓国人に買い占められていると言うではないか。
また、直近では北海道や富士山麓の土地を中国人が買い漁っている。
 そして、日本帰化が容易なことを利用して中国人がどんどん帰化しているらしい。
反日他疑問だらけの田嶋陽子先生(?)と張り合う日本を憂う親家日金美齢さんが、あるTV番組で反日的中国人の日本帰化女性に「どうして貴女は帰化したんですか?」と聞くと、その中国人が「日本のパスポートなら何処の国でも簡単に受け入れてくれて仕事がし易いから!?!?」と答えて失笑をかっていたが、心を本国に残してきたような外国人をどうして許可するのか判らない。
 在日韓国・朝鮮人然りである。
「コウモリ」的思想の持ち主を許可してやる必要はない。
米国のように国旗国歌の下に忠誠を誓った人のみ日本人として受け入れるべきだろう。
 感情的になる必要はないが、沸騰しきれない国民も国もこの辺りで、経済は落ち込んだとしても毅然とした日本を世界中に配信していかなければない。
世界中の資源を果てしなく食い荒らしていく中国に呑み込まれかねない。
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2010-09-29 11:04 | その他 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< 「延び延びになった植え付け」 「清秋穣々の候」(1) >>