「負けず劣らずクソ暑い民主党!」

f0201348_166191.jpg 高校球児が夢と感動の叙事詩を綴っている時に、厚顔無恥な政治家達は国民と国益を放置して私利と党利に奔走して時間の浪費をしている。
 自民党の政官財癒着の構造に辟易として選んだ民主党。
福田元総理ではないが、「物事を客観的に見ることができない!」議員の何と多いことか。
 国民の意識と乖離している現実に、早く気付かないと社民党や国民新党のような少数政党に落ちぶれるかも知れない。






                      (ルコーソウ)         

f0201348_1623397.jpg 参議院選挙の大敗の最大の原因となった小鳩コンビとその取り巻き連中がゾンビの如く軽井沢に集結して”気合だ!”、何ぞや?
国民の大半が醒めた目で見ているのが分からないのだろうか。
 「沖縄は固有の領土である」との論文が頻繁に出されるような覇権主義中国が軍拡している中、外交防衛の「大いなる杞憂」は現実となり棄損し、また厳しい経済状況の中で国益に優先して内紛劇を演じている民主党議員達。
何処まで国民を馬鹿にしているのだろうか。




(多分我が家で孵ったと思われる鳩の番であるが、写真を撮る前に1羽が下に降りる)
f0201348_1633966.jpg 民主党代表選で民主党が分裂して政界再編の嵐が吹いてくれないかなと期待している。
私の希望としては、防衛右派の民主党前原さんを中心としたグループと自民党の良識ある若手改革グループ、そしてみんなの党に賭けてみたい気がする。
        (トレニア)
f0201348_16402426.jpg 「ああ言えばこう言う!」政治家達に、ほとほと呆れて最後まで見る気のしなくなった政治番組。
これは私ばかりではないだろう。





        (ツユクサ)
f0201348_16452132.jpg 朝の番組を見て、やけくそ気味に今日も陽が上がる前に畑仕事に行く。
そして、暑さに熱中症寸前で引き上げて来る。
 機械無き時代の農業は大変だったろう。
私が子供の頃、農家の人達は腰が曲がり、都市部の人に比べ老化が速いように思えた。
    (ブーゲンビリア)
f0201348_1652455.jpg 僅か40坪の家庭菜園の草刈と畝作りでさえ夏の作業は1時間半が限度である。
 仮想水の記事が出ていたが、自給率40%の日本の仮想水の輸入量たるや想像を絶する。
世界一の資産国と言いながら、経済が落ち込み金が無くなったら何処の国が日本に食料を売ってくれるのだろうか。
 子供達の為に、早く政治の貧困から脱出して欲しい。
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2010-08-25 16:54 | その他 | Comments(2)
Commented by 俊介 at 2010-08-25 17:17 x
全く同感ですね。
憂いは増すばかりのあの体たらく
国民生活第一はどこへ行ったのでしょうか?
Commented by 1944tourist2004jp at 2010-08-25 23:05
俊介さんへ、
 本当にそうですね。
国民生活どうなるのでしょうか。
私達のような年金生活者は少しましですが、若い人達の将来を憂うる事測り知らない現状です。
 国民運動を起こしたい衝動に駆られます。
衆議院の解散で心機一転の日本を見せたいものです。
名前
URL
削除用パスワード


<< 「暑さに負け虚しく過ぎる日々」 「興南高校の皆さんおめでとう!」 >>