「興南高校の皆さんおめでとう!」

f0201348_15544261.jpg 高校野球夏の大会、決勝戦(興南高校×東海大相模高校)に向け、心残りが無きよう午前中のうちに畑へ行く。
 炎天下の中での収穫である。
田園を見回しても誰一人居ない畑で、眩いばかりの陽の光を浴びながらキューリ、ナス、オクラ、ニガウリ、そして紫蘇の葉と汗だくの1時間である。f0201348_15581296.jpg
ついでにオクラ、落花生、ナタマメの花の写真を撮って来る。





              (ナタマメの花と実)



f0201348_1616036.jpg

(人見知り真っ最中の孫)
f0201348_15594672.jpg 畑以外に出ることも無く、高校野球に没入していた1週間である。
意外性に富んだ高校野球は魅力に満ち溢れている。
f0201348_1637343.jpg 春の大会に続いての連覇が期待される興南高校。
東海大相模高校には申し訳ないが勝たせてやりたい。
 大会に向け1週間で千球の投げ込みをしてきた島袋投手の奮闘には頭が下がる。
 前半に打ちこまれても柔軟に軌道修正して抑え込んで行くバッテリー間の呼吸と、確信を持って連打していく打線は安心感があった。
 そして、試合開始である。

f0201348_1675014.jpg 試合終了。
興南高校の春夏連覇。
私にとっては期待通りの結果である。
 沖縄県民の皆さんおめでとうございます。
 降板した後、ベンチの最前列で試合を見つめる東海大相模高校の一二三投手は印象的であった。
前評判を集めた春の大会では1回戦敗退、そして今日の決勝戦では13対0での屈辱の降板。
 涙を流すでもなく、軽く真一文字に結んだ口元は悔しさを滲ませることも無く、淡々と戦況を見つめる様(さま)にプロ野球での成功を信じたい。
  
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2010-08-21 15:33 | その他 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< 「負けず劣らずクソ暑い民主党!」 「台風明けの今朝」 >>