「鳥との付き合い」

 今日は断続的に降る雨で畑仕事は休みである。
昨日まで3日連続して草刈をしているので、私にとっては夏バテ解消に丁度良い台風4号の2・3日である。
 しかし、昨日畑に持ち込んだ携帯ラジオを置き忘れているのを思い出し、起きぬけ一番畑へと行く。
雨の中駄目もとで取りに行くと、蚊の鳴くような音で放送し続けているラジオ、まだ生きていたかと一安心である。
鳥達は一晩中聞いていたかも知れない。
情けない物忘れと集中力減退の老境の日々である。f0201348_13243249.jpg
 昨日は草刈、収穫、そして最後に雛を見に行くと、私の方に黄色い嘴を思いっきり空け、赤い口腔を覗かせ無防備の2匹の雛が可愛い。
陽の光とナスの葉の擦れる音で、親が戻ってきたと勘違いしたのだろう。
 「今朝はどうだろうか?」と、そーっと覗いてみると、2匹の雛は身動きもせずに寝ている。
親鳥は風と雨の中で雛の為に餌取りに精を出しているのだ。
f0201348_1745579.jpg







 我が家と鳥の付き合いは、長女が生まれて間もない頃「手乗りインコ」が迷い込んで来たことに始まり、末娘が巣から落ちただろう雀の雛を「手乗り雀」に育て、そして娘がラクロスの練習中に、カラスに苛められているフクロウを持ち帰って来て数日飼ったこともある。
 最近では庭の木に鳩
f0201348_1762190.jpgが巣を作り2羽を孵し、その後も親か子供か知らないが、時々2羽の鳩が飛んでくる。
正書に書いてある様に、2羽を育てピジョンミルクをやっているのも見ることができた。
 「手乗りインコ」は相当期間飼っていたが、慣れた頃に窓から飛び去って行き、「手乗り雀」は家中
f0201348_1771972.jpgを飛べるようになった頃にこれも飛び去った。
そして、弱っていたフクロウは3日ほど元気づけようと頑張ったが、うまくいかず鳥類センターに持ち込んだ。
 インコは別として、野生動物を餌つけすることは禁じられているので、いずれ自然界に戻そうと思っf0201348_178026.jpgていたので娘も反対することは無かった。










しかし、家族を失ったようで寂しいものである。
 今回は親鳥が雛を放棄しないようにそっと写真を撮りながら,巣立ちを待つことにしている。

 一頻り吹いた風と雨の後、4時頃巣を見に行くと、巣は少し変形して傾いているし雛諸共ずぶ濡れである。
竹の支柱で補強し整形してやると、親と間違えて餌を要求する雛たち。
巣が落ちなければ、餌を持って親が帰って来るから大丈夫だろう。
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2010-08-11 13:20 | その他 | Comments(2)
Commented by ぼん天棒 at 2010-08-13 06:58 x
甘党さんお早うございます
雛の成長写真楽しみに拝見しています
台風が直撃しなくて一安心
蛇に狙われないといいですが・・
ほんの少し涼しさを感じるようになりましたね
Commented by 1944tourist2004jp at 2010-08-13 13:25
こんにちは、
 本当に残念なんですが、2匹そろって大口を開けた写真が最後になりました。
昨日の朝、心配になり見に行ったんですが巣が下に落ちて、雛は見当たりませんでした。
 吹き戻しの風で巣が落とされたのか、私が巣を整形した為に親が気付いて放棄したのか判りませんが、畑の楽しみが一つ無くなりました。
 ブログを掲載する気にならず高校野球とネット囲碁に熱中していました。


<< 「台風明けの今朝」 「シベリヤ抑留の惨劇」 >>