「花火大会の慌ただしい1日」

f0201348_1243798.jpg 昨日は地区の花火大会があり、孫達も午後から遊びに来る。
「金山」山行のブログを書きながらの慌ただしい1日であった。
 午前中、畑の収穫に行くと、オクラの黄色が青空に映え素晴らしい。
f0201348_1244123.jpg オクラ、キューリ、ニガウリ、ミニトマト、ピーマンと収穫して最後にナスへ行く。
巣に近いナスを収穫しようとすると、バタバタと親鳥が飛び立つ。
申し訳無いと思いながら、そっと覗くと2羽が孵っている。
f0201348_12491590.jpg 私がカレンダーに記していた第一候補の21日目ではなく、第二候補の18日目の孵化である。
 長く覗いていると遠目に見ている親が嫌がるだろうと、今度は私がバタバタと写真を撮って離れる。
 孫に見せてやりたいが、余り騒々しくしていると親が放棄してしまう可能性もあるので、f0201348_12525031.jpgビデオで見せてあげたい。
 大振りのナスの葉に隠されているとはいえ、このかんかん照りに大丈夫だろうか。
鳥の体温は40度程度だろうから、親鳥は暑さより外敵の心配かも知れない。

f0201348_15504280.jpg





 ついでに「蓮」の花が咲いている近くのお寺に行く。
f0201348_1258666.jpg 夕方、息子と酒を飲む為に10数kmある「甘水」を汲みに行く。
流石に日曜日とあって、先客あり後からも車が入って来る。
いつも平日に行くので待たされることは無いが、今日は5分ほどの順番待ちである。
 会社のバーベキュー会帰りの末娘を7時過ぎに最寄りの駅まで迎えに行くが、花火客の車で早くも渋滞気味である。
歩道には浴衣姿の女性から親子連れまで結構な賑わいである。
夜店も出ている。
 孫達家族と妻、娘を交通規制の直近の所まで車で送り、私はカメラを三脚にセットして徒歩で会場へと向かう。
f0201348_1363811.jpg 私がウオーキングコースとしている運動公園の横を流れる宝満川に打ち上がる。
昨年は畑の中から撮ったので、今日は川面に映る写真をと思い土手に上がる。f0201348_1374574.jpg














県内でも打ち上がる花火は8千発とかなり多く、7時45分から8時50分まで夜空を飾る。
f0201348_1221691.jpg 孫の成長が伺える、昨年までは如何ほどの感動を受けたか分からなかったが、今年は迸るような感動を受けたようで言葉が飛び出していた。
 余韻が冷めやらぬ前に、打ち上げが終わった途端に何故か夜店の電気が一斉に消える。
警備上規制されているのかも知れない。
 花火の後は酒飲みである。
息子持参の芋麹仕上げの芋焼酎である。
私はお湯割り、息子は「甘水」に氷を入れての酒飲みが、午前様近くまで続く。
 そして、今朝は少し酒が残っている。
しかし、量を飲めていないのか2日酔いとまではいかない。
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2010-08-08 12:36 | その他 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< 「草刈と雛」 「消夏の金山」(2) >>