「山旅の後」

f0201348_200812.jpg 昨日は久し振りにお土産を持って孫を訪ねる。
二人の孫は保育園に行っているが、私達の楽しみは母親代わりに迎え行くことである。
 期待通り満面の笑みを浮かべ、駆け寄り抱きついて来る孫達を見ると、何事にも代えがたい喜びを感じるものである。
(今年も咲いた風蘭)
f0201348_203884.jpg おやつの後、上の孫を連れて海水浴に行く。
車で数分の所に「志賀島」が遠望できる外海の砂浜がある。
私達は娘が結婚する2年ほど前に行ったきりだから、6・7年振りの海水浴である。
 海の近所で育った私は物覚えが付いた頃には兄貴について遠泳もしていた。
3歳の孫に、どのように海に馴染ませるか、孫に対して昔のように「溺れて泳ぎを覚えよ!」とはいかない。
今日はとにかく海が嫌にならないようにすることに専念しよう。
3人で1時間程砂浜に興じて娘の家へ帰る。
 私達が帰ろうとすると、2ヶ月ほど前までは「一緒に行く!」と泣き叫んで居たが、今日は帰る素振りを見せると手を振って「バイバイ!」と言う。
ここ1ヵ月で、人間関係と人の言うことが少し理解できるようになったかも知れない。
f0201348_2071259.jpg そして、今日は朝食に健康と彩りを添えてくれる「家庭菜園」の本格的始動である。
 10日以上放置された畑の「ナス」には小鳥が産卵の為の巣を作り上げ、虚しいほどに生い茂る雑草が畝を囲む。
何処から手を付けるのか、先ずは黒豆を播く畝作りである。
f0201348_20155419.jpg 豪雨で流され、35度を超すかんかん照りで硬くなった畝は大変である。
1時間半超の作業で、やっと一畝の雑草取りが終わるほどの凄さである。
 夕方7時前に作業を終え、いつものようにシャワーと「グビーッ!」と飲むビールの美味さ・・・。
後は想像通り、酔漢はソファーに微睡む。
                      (根っこの方に咲いたミョウガの花)
 因みに、昨年の今日は1ヵ月遅れの「クンシラン」植え替えをしていた。

「クンシランの植え替え」を見る時はこちら
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2010-07-21 19:43 | その他 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< 「三分咲きの井原山」 「礼文島から稚内へ」(エピローグ)  >>