「平成22年5月末日」

f0201348_2282686.jpg 「現役時代は何とも言い知れぬ疲れを覚えた月曜日の朝、年金生活者にとってはお迎えまで楽しい休日である!」と、思いながら朝食後ソファーにデレーっとしてTVを見ていると、案の定というか主婦から声が掛かって来る。
(今年、初めて咲いたハイビスカスと屋久島まがいのモミの大木群:雲仙)
f0201348_22233723.jpg 「今日は午後からお見舞いに行くから、午前中畑に行ってジャガイモの土寄せと紫タマネギを収穫して実家の方へ持って行くよ!」と宣ふ。
 ずぼら一番の私も、土からはみ出している「ジャガイモ」を見たし、タマネギも濃い紫が透き通るように色付いているのを既に確認している。
 現役時代に食後の後片付け以外に家事を手伝ったことが無いので、日々言われるまで何もしない!?!
 定年退職後は当然のごとく主婦の言う通りに、家事の手伝いもぼちぼちとやっている。
自由気儘でありたい分、少々の犠牲を払わないと夫婦関係に軋轢が生じる。
 昨日は娘が孫二人を連れて遊びに来てたので、今日は少しくらい解放されるかなと思いながら、「クンシラン」等を外に出して花の水遣り手伝いをした後にTVに戻ると、「靴を洗ったから水洗いして干して頂戴!」と二の矢が飛んでくる。
f0201348_030089.jpg そして、TVの続きを観る暇も無く畑へ直行である。
 妻が夏野菜の手入れをしている間、タマネギを収穫してジャガイモの土寄せをする。
僅かな作業であるが汗が滲んで来る。
 播種して半割のペットボトルを被せていた「落花生」も芽が出ている。
今年の発芽率はかなり悪
f0201348_03213100.jpgく6割程度である。
家の方でポットに播種していたものが発芽しているので移植すればどうにかなる。
 「スナックエンドウ」を収穫していた妻が足元の穴から寝ぼけ眼でじっと見ているカエルを見つけ声を掛けて来る。
下に控えている子ガエルも奥から恐ろしそうに私達をじっと見ている、2対2の面白い構図である。  (オダマキ)
f0201348_0332261.jpg 実家に「タマネギ」を届け、先月中旬に転んで大腿骨を骨折したお袋の見舞いに廻る。
 患部に問題はないが、老齢の為抜糸が若干伸びている程度である。
認知症は入っていないので少しはましであるが、数えで白寿になるので後々のリハビリが大変である。
今後は車椅子を覚悟しなければならないかも知れない。
 九重町役場に「ミヤマキリシマ」の見頃を訊ねると、10日前後ではないかと仰る。
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2010-05-31 22:05 | 家庭菜園 | Comments(2)
Commented by bamboo at 2010-06-03 14:52 x
かえるさんのショットは愉快に、オダマキは紫が鮮やか!
そよ風さんと引き合わせて下さったのは白髭さんという方でした。彼も立派なお髭を持ち、金泉寺で良くお見かけしたのですが最近はしばらく見かけません。確かに甘党さんは名札を付けて歩いているようなもので皆さんの印象に残るでしょうね。
昨日、そよ風さんと雲仙へ行き、甘党さんと偶然会ったと聞きました!宝くじに当たる確率みたいな出会いが山ではよくありますね。
昔私を悩ませた数学の確率はどうなっているのだろうかと不思議でなりません。
ミヤマキリシマは昨日がベストだったように思われました。
Commented by 1944tourist2004jp at 2010-06-04 21:34
 bamboosさん今晩は、
紆余曲折ありながら現役時代から伸ばし続けて30年、剃るに剃れない髭になり、仰るように完全な名刺代わりです。
 少し早い「ミヤマキリシマ」のようでしたが、二人にとって満足度100%の雲仙でした。
 bambooさんも理系ですか、それにしては上手な文章を書きますね。
 初めて知った「苧環」を馬鹿の一つ覚えで、咲き続ける「オダマキ」を撮り続けています。
 掲載の2冊、直ぐにでも読みたい本ですね。
 今日は「神原渓谷」コースで祖母山に登って来ました。
遥か遠くに「大崩山」も見ることができました。
 表現豊かなブログ、今後も楽しみにしています。


<< 「山登りの準備とアジア囲碁選... 「ミヤマキリシマの雲仙岳」(5) >>