「ミツバツツジに彩られた山」(2)

f0201348_1229230.jpg 雨音で目が覚める今日は、PCとTVの前でひねもすのたりのたりかなである。
朝食後、二日遅れのブログを書きだす。
 「九年庵」を通り、263号線を三瀬峠へと向かう。
TV番組でも取り上げられていた「マッちゃんの店」から左に折れ、北山ダム湖から古場岳キャンプ場へと向かう。
f0201348_1230155.jpg 途中、北山シャクナゲ園を通り1車線の山道を10分程度登って行く。
 8時半頃に「井原山」登山口到着にすると、「雷山」登山口に向けての林道は既に数台の車が路肩に止めてある。
f0201348_12474831.jpg 先月、脊振山系を知り尽くしている「コヨーテ」さんに先導して頂いた、福岡県側からの「千如寺~雷山~井原山~瑞梅寺」へ下りる急峻コースとは逆に、今日は気楽な佐賀県側から「古場岳~井原山~雷山~古場岳」と緩斜面周回コースである。
f0201348_12345393.jpgf0201348_12493455.jpg 登山口から別荘地帯を抜けごろ石の登山道に入って行く。
 里山風の道を行くと思いがけず正面に家屋があり、その前を右方向に登って行くと植林地帯に入り、春の陽光が幾筋にもなって差し込み、清冷な空気を腹式呼吸でペースが速く
ならないように一歩々々踏みしめながら登って行く。
f0201348_12415565.jpg 「コヨーテ」さんからは、「今年のミツバツツジの見頃は、少し遅れてGW明けだろう!」と聞いていたし、来週には天気が崩れるとの予報もあるのでWEの8日とする。
 高度差にして約150mの植林地帯を20分程度で登り詰めると、砂利道の林道の出る。

「ミツバツツジに彩られた山」(3)を見る時はこちら
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2010-05-10 12:20 | 山登り | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< 「ミツバツツジに彩られた山」(3) 「ミツバツツジに彩られた山」(1) >>