「夏野菜の植え付け」

f0201348_20452863.jpg 最寄りの駅まで娘を送り、帰ってくると朝食の準備ができている。
 食後、記憶が飛ぶ前に「雷山から井原山へ」(8)でも済ませようと思っていると、「今日は夏野菜を植えようね!」と機先を制せられる。
PCを立ち上げることもお預けである。
f0201348_20524241.jpg 確かに、種苗店の方は「雨後の定植が一番良い」と言っていた。
 食後に妻が家事を済ませている間、「将棋名人戦」第2局を観戦する。
残念ながら途中で声が掛かり、不承々々DVDに予約して、20分ほど走って隣町の種苗店へ行く。
 店は農家と家庭菜園をしているだろう老夫婦で大盛況である。
 妻が栽培計画を立てていたので買う苗は決っているが、時間をかけ元気の良さそうな苗を慎重に選んでいく妻。
私は辛抱が足りないので「それでよい!それでよい!」と流し眼をするが中々終わらない。
任せていた方が収穫も多い我が家の「家庭菜園」であるからこればかりは仕方ない。
f0201348_20573065.jpg 半月ほど前に堆肥を入れ耕していた畝は、鍬を入れると定植するに塩梅良さそうにほくほくとしている。
マルチを張り、「ピーマン」、「ナス」、「ズッキーニ」、「トマト」、「キューリ」と植え付けしていくと、西の方から雨雲が張り出し小雨がパラパラと落ち出す。f0201348_20581739.jpg
 すわ!「大変だ!」と私は急遽家に帰る。
登山靴等を外の風通しの良い所に出していたのである。
 雨がやむ様子が無いので、植えた苗に支柱を立て、「ジャガイモ」のわき芽をかいて今日の農作業は終りである。
(モッコウバラとビオラの中のシクラメン)
 f0201348_20591576.jpg取り残された「マダーボール」、「坊ちゃんカボチャ」、「沖縄レイシ」はいずれ近い内にと持ち帰る。
 玄関に入ると、中に入れていた大鉢の「スズラン」が花盛り、香しく迎えてくれる。
 2時間遅れの昼食に、肉体労働の疲れを感じて中々食が進まない。
 後は自由気儘に「将棋名人戦」のDVDを見ながら束の間の睡魔に心地良く昼寝zzz。
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2010-04-21 20:15 | 家庭菜園 | Comments(0)


<< 「雷山から井原山へ」(8) 「雷山から井原山へ」(7) >>