「満1歳のブログ生活」

 1年前に、
「定年退職後、今話題の公益法人に5年間奉職し、昨年末退職した。
子供3人、上の二人は結婚して独立、末っ娘も一人暮らしがしたいとのことで3月初めに引っ越して行った。
自活できる仕事に就き反対する理由も無い。
 初老を過ぎた二人だけの生活となり、新婚気分も無くはないが、朝送る子も夕方迎える子も無く、何となくうら寂しい日々をおくっている。
 退職前から、ボケ防止と健康維持のための趣味ということで、50歳前後から計画的に囲碁、家庭菜園、アマチュア無線、山登り、水彩画とささやかに楽しんできたが、今回は未知の人との接点を探すためにブログを開設した」
 と、書き出している。
 末娘からは「いずれ近いうちに止めてしまうだろう!」と陰口をたたかれながら続けてきたが、今日で丁度1歳になる。
 また、記念の365日目の昨日、ブログを通じて知り合った方と素晴らしい山登りをすることもできた。
私なりに満足なブログ生活である。
 日記を書く代わりにぴったりのブログ、毎日更新を目標にして昨日で373回を更新することができた。
但し、日々の更新には程遠く、山登り等は1登山で平均5回ほど更新しているし、「屋久島紀行」に至っては24回も更新しているので、記事数だけが計画通りである。
 書き始めて、語彙力の貧困さと文章力の稚拙さを実感している。
おまけに集中力の減退で、文章のつながりや読みずらい箇所が多々見つかる。
最近は掲載後に妻が読んでくれて、おかしな流れについては注意してれくれるので大助かりである。
 平成22年度は更新数を無理せず、もう少しましな文章を残していきたい。
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2010-03-31 17:16 | その他 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< 「ぞろ目の誕生日」 「経ケ岳」(6) >>