主婦の友「ジャガイモ」(3)

f0201348_20155735.jpg 「ジャガイモ」の植え付けをしながらNHKの健康相談に耳を欹てていると、加齢による「ロコモウティヴシンドローム」と言う、正に私のような年代の方々の相談である。
 寿命が延び、加齢による運動器障害の方々も多く、また非常に深刻なようである。
 基本的には元気な頃から、ウォーキングとかランニングとかの軽い運動を継続することが最大の予防とのことであった。
 今のところ、運よく「メタボ」も「ロコモ」にも無縁であるが、年齢的には突然お世話にならないとも限らない。
 今後も可能な限りウォーキングの延長線上に「山登り」を据えて、人を煩わせる事無く、金のかからない老後を送りたいものである。
最近、「山のブログ」を通じて素晴らしい方と知りあえたの楽しみである。
f0201348_20215791.jpg 慣れない「畑仕事」は本当に疲れる。
 私にとっては6時間の「山登り」より2時間の「畑仕事」の方が何倍もしんどい。
立ったりしゃがんだり、普段使わない筋肉を使う。
特に腰への負担は大きく、立った瞬間に腰を伸ばせないことが多々ある。
f0201348_2023473.jpg 収穫時の喜びを考えると大した苦労ではない。
が、125個に切り分けた種芋を3畝に植えるのに2時間弱もかかってしまい、今日も焼酎が一段と美味く感じるだろう疲れが残る。
(手前よりニンニク、セロリ、ミックスレタス、ブロッコリー、タマネギが見える)
f0201348_20295438.jpg 毎年、遅々として進歩の無い我が家の家庭菜園であるが、昨年の植え付けより3日も早くなっている!?!?。
捗ったと云っても、お隣さんは1週間前に終わっている。
 しかし、私達の目標は人の8割であるから気が楽である。
(畦に自生してる「菜の花もどき」)
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2010-03-02 20:07 | 家庭菜園 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< 「山岳救助隊のTV番組」 「満宝山から三郡山へ」(5) >>