久留米市「梅林時」(1)

f0201348_20522571.jpg 春の香りを尋ねて、久留米市の「梅林寺」を訪れた。
 何年振りだろう。
季節ごとに咲く花を愛でる妻に乞われて数回は訪ねたと思う。
 しかし、上の子が小学校低学年の頃に訪れた「梅林寺」の印象が余りにも鮮明に記憶に残っているので、23年ぶりのような気がする。
f0201348_2054105.jpg 正門前の駐車場しか知らないので、若干無理気味に正門の方へ行くと、運よく5台程度しかとまれない駐車場に滑り込むことができた。
 「月曜日の正午、流石に人出は少ないな!」と思いながら、御廟らしき建物を右に見ながら威厳に満ちた門を潜る。f0201348_20562333.jpg
 期せずして二人から出た言葉「ここから飛び降りたね!」。
この段差から勇気を振り絞って飛び降りた娘と息子、今でも脳裏にこびりついている。
f0201348_20463848.jpg 手入れの行き届いた松や梅が迎えてくれる中、外苑の方へ入って行く。
f0201348_21394732.jpg後ろを振り向くと石灯篭に沿って咲く梅が「楽しんで下さい!」見送ってくれているようだ。
 外苑への門を入ると筑後川沿いの駐車場に停めたお客さん達で急に混み始めた。
f0201348_20484494.jpg 写真に夢中な人達、梅を愛で合っている人達、ベンチで昼食を楽しんでいる人達、殆どが私達と同年代の夫婦連れや女性群である。
 妻は白梅、紅梅、蝋梅、枝垂れ等をゆっくりと観察しながら、私は枝振りの良い木を探しながらカメラを片手に春を見る。
f0201348_20492077.jpg


久留米市「梅林寺」(2)を見る時はこちら
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2010-02-22 20:41 | その他 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< 久留米市「梅林時」(2) 主婦の友「ジャガイモ」(1) >>