「焼き牡蠣」(1)

f0201348_22394837.jpg 朝起きぬけにカーテンを開けると、陽がやけに眩く感じる。
昨晩は末娘と3人で、久し振りの話題を肴に飲み過ぎたのだろう。
 そして、今日は3人で「焼き牡蠣」を食べに行く約束である。
毎年、1月か2月には1年分の「Zn」を摂取するために必ず食べに行く。
 因みに、牡蠣の栄養分はグリコーゲンのほか、必須アミノ酸をすべて含むタンパク質やカルシウム、亜鉛などのミネラル類をはじめ、さまざまな栄養素が多量に含まれているため、「海のミルク」とも呼ばれるらしい。(ネット情報)
 一昨年は苦い思い出がある。
息子と3人で今から食べる「生ガキ」を楽しみに走っていると、突然パトカーの出現である。
15kmオーバーで捕まってしまったのである。
f0201348_22432843.jpg 悪いのは違反した私であるが、40kmの速度制限の道をノロノロ運転していたおばさんの車を追い越した所に待っていた「ネズミ捕り」。これで「ゴールドカード」もパーである!?!?!?。
f0201348_10525357.jpg 美味しいカキに慰められることなくついつい愚痴をこぼしていると、横で聞いていた二人組の男性が「私もですよ!」と言って、如何にも悔しそうに話に乗ってきた。
そこに店の人まで加わって「危険が全くないあんな所でしなくても!」と二組の客に同情「牡蠣」のおまけをしてくれた。
 「山登り」の楽しさも、「速度違反罰金」の辛さも、共有する人間あって倍加したり慰められたり、社会あっての個人である。
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2010-02-20 22:34 | その他 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< 「焼き牡蠣」(2) 「結構忙しい日々」 >>