「拾い集めた今日の話題」

 イヤホーンでラジオ番組を楽しみながらのウオーキングである。
雨雲が張り出し、明日もまた期待できそうにない夕暮れに11km弱を1時間35分ほどで帰ってくる。
今日は妻が風邪気味で私一人なのでペースは一段と早い。
 NHKのラジオ番組は報道写真家の「旅歩き」であったが、「旅は感動の宝庫」と締めていた。
老境に近づいて、若さを維持するために常に刺激を求めて行動したいとブログにも書いたが相通ずるものがある。
 刺激とは新しい経験であり、それは取りも直さず「旅歩き」であったり、「山登り」であったり、少し大袈裟に表現すれば未経験分野への挑戦ではないだろうか。
 名前は忘れたが報道写真家のように日本縦断、アフリカ、ノルウェーと世界規模で歩くことはできないが、金と体力が許す範囲で旅もしたいし、山登りもしたい。
f0201348_21284246.jpg その後は、小惑星探査機「はやぶさ」の責任者の話である。
 探査機が2003年5月に小惑星「いとかわ」へ旅立って丁度7年、うまくいけば6月頃に小惑星からの贈り物がオーストラリアの砂漠に届くらしい。
(左:探査機はやぶさ
     下:小惑星いとかわ)
f0201348_2129210.jpg 今回は「イオンエンジン」と「自動航法」の実証試験でもあるらしい。
「国際宇宙ステーション」への物資搬入衛星の制御や今回の実証試験等、財政難の中で日本の宇宙開発技術も大いに頑張っているようで頼もしい。
 ついでに冬季オリンピックも頑張れ!!!!!。
 そう云えば「ハーフパイプ」の選手がだらし無い服装で「入村式」に出られないとのニュースを聞いたが、私は当然だと思っている。
 個人プレーなら、かっこ良いし流行のスタイルと反対はしない。
しかし、あくまでも団体行動である。自分さえ良ければ他人や組織どうでもよいという、未熟な発想としか思えない。
 もし、彼が金メダルを取れば、マスコミは手のひらを返したように持て囃すだろうが、「これは別問題である」と思う。

「小惑星探査機はやぶさ」に戻る時はこちら
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2010-02-12 21:09 | その他 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< 「久し振りの家庭菜園」 「高血圧に関する番組」 >>