「久し振りの宗像市」

f0201348_17592076.jpg 宗像の「道の駅」には新鮮な魚がたくさん並んでると聞いていたので、孫達を訪ねる前に相当遠回りして寄ってみた。
 「2時過ぎでは売り切れだろう!」と予想していたが、案の定鮮魚コーナーの陳列棚は空に近い。
残念!
僅かに残っていた刺身用の「ヤズ」を一尾買う。
f0201348_1803164.jpg 近所に団地が多いせいか結構な人混みで、魚に限らず野菜等も相当捌けているようである。
 そして、孫へ「イチゴ」のお土産。

f0201348_1902048.jpg
f0201348_1825563.jpg 孫達を保育園へ迎えに行くのは4時半、まだまだ時間の余裕はある。
 中津宮の「大島」が見える「神湊」に寄って、辺津宮の「宗像大社」にお参りすることにする。
 「みあれ祭」を大島側から見せてもらったが、港から数百隻の漁船が一斉に辺津宮へ向かう様は絢爛勇壮である。

f0201348_1833010.jpg 大好きな「イカ」の天日干し(半生orスルメ)、ビールより、焼酎より、ウィスキーより、断然日本酒がそれも冷酒があっているかな・・・。

f0201348_18555241.jpg
f0201348_17583839.jpg

f0201348_1863046.jpg 31年前、福岡に戻って来た時に買った、まるで池の色と同じカローラを、お祓いして頂いたのが「宗像大社」である。
 宗像大社に祭られている三姫神、中津宮と海の正倉院と呼ばれている沖津宮の「沖ノ島」については興味があるので、来た時には必ず手を合わせる事にしている。
f0201348_1821596.jpg(本殿を囲む末社)

(神門)
f0201348_18514468.jpg
f0201348_1873224.jpg(ご神木の楢)








f0201348_22254183.jpg 途中、軽食を取って余裕の放き過ぎ、保育園に着いたのはぎりぎりの4時半である。
私達を確認して、一目散に駆け寄ってくる直に3歳の孫と、抱かれてにっこりする8ヶ月の孫二人。f0201348_11434642.jpg
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2010-01-19 17:27 | その他 | Comments(0)


<< 「大寒の今日」 雪の「宝満山」(7) >>