「東福岡高校ラグビー部おめでとう!」

 今日はラグビーの実況中継があるので、怠け者の私もすべきことを延ばすことはできない。
 まず、午前中に修理を頼んでいた「ホームべーカリー」を引き取りに行かなければならない。
12月中旬に予約電源が入らなくなり朝食に困っていたが、昨日修理完了の電話が入る。
 延長保証期間5年以内ということで、コードと内釜の交換をして貰う。
毎朝の焼き立てパン食がやっと戻って来る。「朝食」を見る時はこちら
 そして、午後からは待ちに待った決勝戦の実況中継である。
サッカー人気と裏腹に下降一途のラグビーであったが、トップリーグが発足し、ぶれないたファン層に支えられながら少しずつゲインしていると思いたい。
 最終的には前評判通りの「東福岡高校」が、そのプレッシャーに負けず31対5で「桐蔭学園」を下し優勝した。
準優勝校も負けず劣らずバックスは強力で、敵陣での攻防時間は優勝高より多かったかも知れない。
特にWTBとFBの突進力には脱帽である。
 「東福岡」のPROP、SO、CTB、FBなど、前評判の選手達の派手な個人プレーは目立たなかったが、15人の結集した防御力が31点に結びついたのではないだろうか。
準決勝までのトライ数に目を奪われて、攻撃力のみが前評判になっていたが、徹底した防御の強さが攻撃力に結び付き、得失点の大きな試合が続いたと思う。
 社会人で「富士鉄釜石」の日本選手権7連覇に並ぶ記録を作った、中継スポンサーの「神戸製鋼」(KOBELCO)にお礼を言いたい。
 放映権の問題があるのだろうが、「NHK」が高校野球を地方予選から延々と放映していることを考えると、あまりにも差別されている。
 書き終わると、熱々の「七草粥」が出てくる。
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2010-01-07 20:11 | その他 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< 「ど素人の冬野菜」 「平成22年の菜園出初め」 >>