「最近の読書」

 年金暮らしでは手当たり次第に本を買うようなことはできない。
余程気に入った本なら購入することもあるが、今は蔵書と言えるほどにはないが、本棚から興味のある本を引っ張り出してきて、就寝前に気持ちが趣くままに読んでいる。
 現役時代は通勤中に結構な量を読破していたが、齢65歳ともなると、視力の衰えもさることながら、集中力の減退で読書スピードがかなり遅くなっている。
 勿論一度読んだ本であるから内容については概ね分かっている積りだが、いざ読み始めると新鮮に感じる本も少なからずあり、決して飽きることは無い。
 そして、今一つの興味は目新しい単語に出合うことにある。
娘がwork-holidayでNZへ持っていった「電子辞書」をいつもそばに置いているので簡単に調べることができる。
「電子辞書」は、あの分厚い広辞苑から英語辞書(英和・和英)まで網羅しているから凄い。

 ここ半年ほど、夫婦の会話に代名詞の頻度が頓に高い。
「あれ!それ!これ!では判らない!」と妻から言われる。
夫婦だから「阿吽の呼吸」で理解している筈であるが!?!?。
 加齢臭の発散に反比例して、単語を思い出せないことがしばしばある。
 「あの単語は?」と、一生懸命思いだそうとするが中々できない。
ブログについては、思い出し次第忘れる前に編集し直すことにしている。
 最近、産学研究で「決してあり得ない神経細胞の増殖が低酸素環境で起こりうる!」と新聞に出ていたが、私がボケる頃にはiーPS細胞研究と並行して、寿命までボケないように医学が進歩してくれれば願うばかりである。
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2009-12-29 16:05 | 趣味 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< 「私の平成21年」 我が家の「餅つき」 >>