「糠雨の中のウォーキング」

 登山後の二日間、家庭菜園の作業を少しばかりして、殆ど体を動かしていない。
何処かがそこはかとなく疼いてくる。
そして今日もまた雨。
外に出る機会が無いと思いきや、天に見透かされたように空が明るくなってくる。
 西の方は今にも降りそうな暗い雨雲である。
思い切ってウォーキングに出る。
いつものコースである。
歩きだすと途端に糠雨となる。
引き返すわけにはいかない。
 運動公園まで行き、2km周回コースを1周すれば往復で計7.5kmである。
運動公園は閑散として、広い駐車場には20数台留まっている。
 以前だと雨の中をウーキングしている人の気が知れなかったが、習慣づくと雨も厭わなくなる。
しかし、この年になって山登りの趣味を継続していくためには、「命より足が大事?」と虚勢を張ってしまう初老の後ろ姿がある。
 頑固は早死にする確率が高いと聞いている。
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2009-12-09 18:28 | その他 | Comments(0)


<< 「民主党と小沢一郎」 「期待外れの秋ジャガ」と「感銘... >>