「連休明けの日がな一日」

f0201348_11383747.jpgf0201348_1139417.jpg 連休期間中は娘が二人の孫を連れて来る、当然のように末娘もその間は家に帰って来る。
f0201348_11394356.jpg

 私は娘から借りている「沈まぬ太陽」を読まなければならないし、孫達の相手もしてやりたいし、何となく気忙しい4日間であった。(JALと「沈まぬ太陽」)を見る時はこちら

f0201348_11331520.jpg その間に、長男夫婦も孫を連れて遊び来たし、「大宰府」の紅葉散策もあり、忙しいながらも結構充実した日々であったのかも知れない。
(光明禅寺)
(紅葉の「光明禅寺」)を見る時はこちら

f0201348_11335226.jpg

 そして連休明けの一昨日は、出社の末娘と楽天にテナントを出している長女も仕事が溜まっているということで、早々と送り出し孫二人が我が家に置いてきぼりとなる。
f0201348_11355457.jpg 雨雲が張り出してはいるが、家に籠っていてもしようが無いので、孫を連れて「如意輪寺」の紅葉を見に行く。
先日行った「光明禅寺」と比ぶべくもないが、ここの紅葉も中々素晴らしい。
(「如意輪寺」の紅葉)を見る時はこちら
f0201348_11493377.jpg
f0201348_11362549.jpg
 昼寝を済ましたところで、高速で1時間弱の住まいまで送り、また二人だけの生活に戻る。

 好天の昨日は、久し振りに普段の生活である。
家庭菜園、ウオーキングであっという間の「日がな一日」であった。
f0201348_11505080.jpg 季節柄、畑に雑草は繁茂していないし、虫の駆除もないが、雨が続いていたので土は緩み畝が沈んでいる。
 保存用の「タマネギ」150本を植え付ける。
マルチの穴開けと植え付けの分業で小1時間程度であるが、屈んでの作業は慣れないせいかしんどいものである。
後は適当に雑草を取り、明日の食材として冬野菜の間引き等をして早々と切り上げる。
 そして、8km程度のウオーキングで軽―く汗を流す。
夜はPCの前に座ることもなく、二人して撮りだめのビデオ消化である。
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2009-11-26 11:04 | その他 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< 立花隆さんの「がん 生と死の謎... 「雨上がりの菜園作業」 >>