「秋の耶馬渓を歩くー深耶馬渓」(5)

f0201348_13362940.jpg うねる遊歩道を、紅葉に見とれ夢中で写真に収めながら歩いて行く。
紅葉真っ盛りの11月中旬、景勝の「一目八景」だけに、高級そうな一眼レフカメラに三脚を装着した人が多い。

f0201348_13201112.jpg
f0201348_1324631.jpg
f0201348_1324585.jpg
f0201348_13252411.jpg
f0201348_1326463.jpg

f0201348_13154711.jpg 夢中で谷を一巡して、人混みの県道を駐車場方面へ向かう。
 「一目八景」とは、「海望嶺」、「千人ケ岩」、「鳶果山」、「夫婦岩」、「郡猿山」、「烏帽子岩」、「雄鹿長尾嶺」、「四手の尾」を一目で見ることに発しているらしい。
 掲載の写真がどれに当たるか私には判らないのでコメントを入れることができない。

 プロの写真家ならもっと魅力的な「一目百景」を表現できるかも知れないが、素人が三脚も持たず撮ろうとしても少し無理かな。

f0201348_1329534.jpgf0201348_13415924.jpg
f0201348_13304310.jpg f0201348_1331991.jpg




※「秋の耶馬渓を歩くー写真集」(6)に行く時はこちら
 
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2009-11-13 13:08 | その他 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< 「秋の耶馬渓を歩くー写真集」(6) 「秋の耶馬渓を歩くー深耶馬渓」(4) >>