10月の菜園管理(2)

 今朝起きると前頭部が痛い。
朝御飯を食べる元気はあるので、特に気にする程ではないが午前中はソファーに寝っ転がって居眠り半分で過ごす。
 原因は分かっている。
昨日、我が菜園の上の休耕田の下草を燃やし、その埃と煙の刺激で鼻炎が悪化したこと、そして夜は久し振りに隣組の友人と居酒屋で3時間ほど飲んだことにある。
2ヶ月ほど前に受診した時に余った薬を飲むと、午後には概ね快癒する。
 「秋ジャガ」は曲がりになりにも成長して花芽をつけているが、「春ジャガ」と違って成長にばらつきがあるし、最終的に8割程度しか発芽していない。
 冬野菜は「ブロッコリー」、「スティック(ブロッコリー)」、「レタス」、「セロリ」、「サラダナ」は市販の苗を植え防虫ネットを被せているので問題はない。
また、10月15・16日に種蒔きした「チンゲンサイ」、「ダイコン」、「カブ」、「ワサビナ」、「カツオナ」は3~4日で発芽したが、「コマツナ」、「シュンギク」、「ホウレンソウ」も気を揉ますように1週間目の今日やっと芽が出てきた。
しかし、「ミズナ」だけは全く発芽の兆候が無い。全ての種は昨年購入したものを冷蔵庫で保管していたのでその影響があるのかも知れない。
そして、昨日「ニンニク」を植え、11月上旬に植付け予定の「タマネギ」の畝も順調に仕上がっている。
 今日は菜園管理を1時間で切り上げて、久し振りの8kmウォーキングに出る。
二人とも12日の「韓国岳」に登って以来歩いていなかったが、足に違和感はなかったし疲れを感じることもなかった。
11月1日の「黒岳」山行の為にも週5日ほどは歩きたい。
 紅葉前線をネットで見ると、九州は11月上旬から下旬にかけて下りて来るようである。
今年の紅葉狩りは、「黒岳」の他に昨年も登った「由布岳」、そして「本耶馬渓」か「高千穂峡」にでも出掛けたいと思っている。
 もう深夜というのに、妻が「流星群も見ないと!」と言ってくる。
雲がかかって東の方にしか星が見えない。
深夜の3時に目覚ましをかけて、再度「流れ星」を見に行く妻。玄関を出た途端に南から北へ大きな「流星」を見て興奮しながら起しに来る。
数分、綺麗な星空を玄関先で見るが無しのつぶて。
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2009-10-22 23:41 | 家庭菜園 | Comments(0)


<< 10月の家庭菜園(3) 「キリンビール・コスモス園」(... >>