我が家の「湿気取り」

 押し入れに入れてある「湿気取り」を交換するために取りだすと、既に水が2/3以上溜まって満腹状態である。
当然かもしれない。
夏になると例年のように渇水報道があるが、今年の夏は殆ど聞かれなかった。
 悲劇的な被害まで出した局所的豪雨もあったし、エルニーニョ現象かどうか知らないが、気象庁が梅雨明け宣言に戸惑うほど長雨が続いた。
 偶々、昨年の8月に入れて置いた「湿気取り」が押入から出て来た。
決して私の趣味ではなかったが、置いた日とちょっとしたコメントがマジックで書かれていた。
私の字もある。
 鹿児島へ「お盆」の墓参り、北京オリンピックでの北島選手の金メダル獲得、そして富士登山の印象、ニガウリの成長やハイビスカスについて書いてある。
 小学校の卒業時に「一番の思い出」を防水容器に入れ、2・30年後に掘り起こす感動的番組を見たことがある。
 思い出に浸る時間と感激は少ないが発想的には全く同じである。
ただ、無地のまま入れて置くよりは数段面白い。
 今年は直近の「屋久島紀行」の思い出を書いたが、来年の今頃に取り出し、ブログを見る楽しみが出来たような気がする。
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2009-10-13 19:13 | その他 | Comments(0)


<< 「生駒高原→韓国岳→霧島神宮」の写真 「孫の運動会」 >>