「政権交代の前日」(2)

 夜は娘が予約していてくれたビアガーデンである。
夕方、最寄りの駅まで妻と歩いて行くが、日も落ち涼風もあり10数分の道のりも全く気にならない。
f0201348_16324663.jpg 定年退職後、久し振りに乗る私鉄である。退職後の5年はJR通勤だったので非常に懐かしい。
 予約時間の8時に目的のホテルに着いたが、娘から「遅れる」とのメイルが入る。
仕方なく最上階にあるビアガーデンに向かうべくエレベーターに乗ると、10人程度の若いピチピチの女性の一団に圧倒される私達二人である。
ビアガーデンはあまり広くなく満席の盛況である。予約した娘の名前を言って席に案内してもらう。
 南に輝く星一つ、西南に上弦を過ぎた月(月齢10~11)、北は高さ50mはありそうなクレーンが7・8機ニュッと顔を出し、その突っ先の赤色灯がやけに目立つ。
2011竣工予定の博多駅ビル改築工事である。
 違和感多き夜の光景に囲まれて、早々にビールで乾杯する。
飲み放題食べ放題のビアガーデンで、ジンギスカン風に酒の肴は勿論セルフサービスである。
 酒はともかく、料理は結構美味しい。
デパートや商業ビルのビアガーデン料理に比べると数段上である。ホテルのコックさんが料理を提供しているらしい。
酒より食である。昨晩もかなり飲んでいるので、胃にアルコールの入る余地は少ない。
f0201348_16335412.jpg 30分遅刻で娘が来る。娘も夕食抜きだったらしく酒より食である。
美術館の話から色々と話題が流れる中、3人とも酒は進んでいない。
 1時間半の席で、小ピッチャー2杯、そして閉めに私がウィスキー、妻と娘はスカッシュ、私の家族にしてはアルコール類が珍しく少ない最後のビアガーデンであった。
 私達が乗る電車の駅まで見送ってくれた末娘と別れ、ビアガーデンと娘を話題に家路に着く。
 帰宅後、妻は洗濯物の取り入れと花の水遣り、私はブログを書いて一段落である。
うまいことに、冷蔵庫にはお裾分けした残りのマダーボールが冷えている。包丁を入れると「パクッ!」と音がするほど熟れている。
f0201348_16341750.jpg酒の後の冷えた甘くて水分たっぷりのスイカの美味しいこと、1個を縦に輪切りにして二人で食べてしまう。
 0時42分もう「歴史的な選挙の日」である。

(見合った写真が無いので、石橋美術館で撮った花を掲載しておこう)
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2009-08-30 00:44 | その他 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< 「政権交代の当日」 「政権交代の前日」(1) >>