「政権交代の前日」(1)

 明日はいよいよ投票日である。
歴史的な日は、朝早く投票に行って、じっと報道特集に耳を傾けていたい。
f0201348_8323883.jpg 昨日は旧職域の仲間と久し振りに一献傾け、今朝は9時半と起きるのが遅くなってしまった。
 午前中の家事を片付ける妻を待って、午後から石橋美術館に行くことした。
 8月31日で展示終了する「シュルレアリスム」の絵を見たいからというよりは、末娘に薦められたからである。(写真が右下がりになる癖がある、要注意)

f0201348_8331890.jpg 若い頃から子供達を美術館に連れて行っていたので、子供達も機会があれば行っているようである。
 何となく前衛的な臭いのする絵画だろうと思い、気が進まないまま2週間たって、「批判する前に鑑賞するべし」と思い妻と出かける。
 案の定である、「超現実主義」という分野の芸術である。
事後ネットで「シュルレアリスム」について学ぶが、頭と感性がついて行かない。
f0201348_8361959.jpg 美術館では1時間近くじっくりと鑑賞するが、私には分からない。意味を考えず直観で見ようと試みるが理解できない。
妻にその旨を話すが、妻も分からないと苦笑いである。
二人とも芸術的センスが無いのかも知れないし、凡人には理解不能な領域かも知れないと、結論づけざるを得ない。
 その晩、ビアガーデンでそれとなく末娘に絵画鑑賞の印象を尋ねられたが、お茶を濁すわけにいかないので正直に印象を話す。
末娘は理屈を捏ねず「絵を観る前に、紹介文を熟読して鑑賞したら何となく理解できた!」と断言した。
数十点の絵画の中で、印象的な数点について意見は一致するが、それ以上の話は続かずビアガーデンの雰囲気を楽しんだ。
f0201348_8335975.jpg 美術鑑賞の後は庭園にあるパラソルの下で腰を下ろし「シュルレアリスム」絵画についての話題が出るが、長続きせず冷茶を飲みながら時を過ごす。
 夜は娘が予約してある、今シーズン初めてのビアガーデンである。
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2009-08-29 23:41 | その他 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< 「政権交代の前日」(2) 「処暑と衆議院選挙」 >>