「中田横浜市長の勇退と舛添厚労大臣の発言」

 中田元横浜市長が漂流している日本を良き方向に導いてくれる政治家として、どのような形にしろ国政に参加して頂けることは大いに賛成である。
今朝の新聞によると、どの政党も市政を途中で投げ出すことに懐疑的なコメントを出しているようであるが、発言の根底には、衆議院選挙を前にして各政党の御都合による批判ばかりである。
 彼の生い立ちや政治家としての活動を考えると、今最も国政に出てきて欲しい政治家のお一人ではないだろうか。
横浜市民も「投げ出し」に疑心暗鬼になっているようだが、市政改革の道筋はつけているし、今回は千載一遇のチャンスと思って、国政に送り込んでやっては如何だろうか。
今、心ある首長や政治家が無所属で動いているが、出来るならば彼らと一緒になって、次期衆議院のキーパーティーになって欲しい。
 豚インフルエンザで中田元市長とやりあった、舛添厚生労働大臣が年金記録問題で、「2年以内の解決」に自信の表明したが、また空手形に終わるんじゃないだろうか?
と、言うのは国政選挙を前にしてじり貧自民党にあり、また数ヶ月前に委員会で「神のみぞ知る!」発言をしたばかりである。
国民も余程気をつけて政治家の発言を聞いていないと、向こう4年間また騙されるということになる。
 また、今朝の新聞にライス在日米軍司令官の談話が出ていたが、政治家は何の違和感も感じないんだろうか。
日本が熟慮決定すべき「日本側負担金」や「核問題」について、メディアで大っぴらに発言することは属国扱いではないのか。
日米同盟の維持に賛成している一人であるが、大いに気になる発言である。
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2009-07-29 12:33 | 雑感 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< 「民主党への危惧」 「民主党のマニフェストについて」 >>