梅雨繁き日々

 ここ数日、雨が続き何をしてよいのか戸惑っている。
ブログ更新の材料はないし、囲碁の戦績もさほど馨しくないし、相当の雨で「山登り」の計画も全く立てられない。 
           (風蘭:2週間後かな)
f0201348_18103961.jpg 雨の中、胡瓜、茄子、ズッキーニ、ミニトマトの収穫をしてきたが、相変わらず烏によるミニトマトと胡瓜の被害は続いている。しかし、お裾分けする余裕はまだ十分にある。
 最近の酒の肴は、まずナッツ類そしてボリューム豊かな「地這え胡瓜」である。
瑞々しい1本をステイックにして、味噌かマヨネーズで食べると本当に美味しい。おかげで酒は進むし、夕飯は玄米ご飯1杯でご馳走さまである。
 収穫と同時に、雨で崩れている畝もどうにかしなければならないが、この「梅雨繁き」日々では如何ともし難い。
週間予報によると雨はまだまだ続きそうである。


 撮り溜めしてる風景写真の絵でも描けばよいが、何かしら一歩が踏み出せない。一歩が出ると、次々に歩みだすことはできるが何かしら気が重い。
全てを低気圧のせいにしてしまいたいが、時間だけ無駄に過ぎていくのが非常に虚しい。
                                     (アガパンサス)
f0201348_18175119.jpg PCに向かい、取り込んだ写真の整理、ネット碁で1勝1敗。
そして、徒然なるままにブログを書いている。
 刺激が非常に少ない古の人達はどのような暮らしをしていたのだろう。
農民は天気に拘わらず年貢と己の食いぶちのために必死で働いて、日々ゆとりある生活をしていたとは思えない。
貴族や武士の日常生活は如何様なものだったのだろうか。
重大事がなければ、それこそ私達年金生活者と同じように、「徒然なるままに」学問や武術に励んだのであろうか?

 明日は息子夫婦と孫5人で乳母車を買いに行くことにしている。
その後は一歩踏み出そうかな!!!!・・・・。

      
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2009-07-01 16:33 | その他 | Comments(0)


<< 「雨後の御前岳」 「やしきたかじんの そこまで言... >>