「朝食」

 40歳を過ぎた頃から、私達の朝食はパン食である。
今は食パンにジャムを乗せ、野菜スープとヨーグルトを食べ、最後にコーヒーで口を調えるのを常としている。
f0201348_10364949.jpg しかし、子供達は米食運動を知ってか知らずか、御飯に味噌汁と伝統的な和食が好みだった。
 末娘が就職して、小遣いに余裕ができたのか、2年前に「ホームベーカリー」を買ってくれた。
それ以来、朝に晩に重宝している。
 市販のパンと比較して、妻曰く「味は多様に楽しめるし、経済的にも(パン1斤に対して、原材料は強力粉250g、塩・砂糖・バター少々、スキムミルクor牛乳、イースト小さじ1杯をベースに、好みに応じて野菜、ドライフルーツ、雑穀等)電気代は別として100円程度」とのことである。
 他に、菓子パン生地やピザ生地を作ったりしているので結構応用範囲も広いらしい。
耐用年数が5年とすれば、相当お得なようである。
 ジャムも妻が季節の果物を利用して適当に手作りしているし、野菜スープも旬の時には家庭菜園で供給できるし、ヨーグルトはカスピ海である。
 年金生活となり、節約と時間を持て余さないために自然とこのような食生活になったのでなく、いつの間にか飼い慣らされていたのかも知れない!!!。

元に戻る時はこちら
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2009-06-15 10:14 | その他 | Comments(0)


<< 「海外旅行」(2) 「ある過剰包装から」 >>