「ジャガイモの収穫」

 孫は帰り、一人暮らしの次女を送り出し、今日は晴天の午前中から「ジャガイモ」と「タマネギ」の収穫をする。f0201348_14164662.jpg
 ジャガイモの収穫量がどのくらいあるのか、毎収穫後に計量しているが、今年は70kg超になりそうである。
そして、昨年は相当量に被害のあった穴あきジャガイモも気にならないほど少ない。
 f0201348_14313367.jpg 色が印象的な「アンデス」赤は、つぶも大きく1kgの種芋に対し16kgとかなりの収穫があった。
これで旨味があると最高だが、味の点では残念ながら「きたあかり」や「メイクイーン」に軍配を上げざるを得ない。
妻も料理に一工夫を感じているようである。
 また、「きたあかり」と「メイクイーン」の収穫量はほぼ同程度、種芋2kgに対しそれぞれ26・7kgほどで子供達、親戚、友達へそれなりに お裾分けすることができた。
 収穫時に丹念に気を配らない私に反省点は無いが、妻は「芽かき」をきちんとすればより大きくてつぶ揃いのよい「ジャガイモ」ができたかも知れないと反省していた。
 昨年の穴あき「ジャガイモ」の原因について、色んな方に尋ねてたが明確な答えを頂けなかった。
しかし、何事にも細心に観察する妻が収穫時に偶々発見し、その原因を目にすることができた。
友人の奥さんが云っていた通り「ヨトウムシ:夜盗虫」である。
f0201348_1459225.jpg 昨年、5割超の被害にあったにも拘らず全く気がつかなかった。
どのような環境で増えるのかネット等で調べ、来年は穴あき「ジャガイモ」無し、つぶ揃いの良い「ジャガイモ」の収穫をしたいものである。
何せ、手間要らずで収量が上がり、食卓を賑わしてくれる「ジャガイモ」である。
f0201348_14595297.jpgf0201348_15161961.jpg
f0201348_15281039.jpg 「夜盗虫」だけに責任をおっかぶせたが、後々の収穫でこのような「穴あき芋」も見た。
ひょっとしたら、「螻蛄」も食っているかも知れない。
もしかしたら「夜盗虫」のあけた穴を寝床にしてるだけかも知れない。
 いずれのどちらだろう?知っている方が居たら是非教えて欲しい。
f0201348_15294595.jpgf0201348_15282342.jpg

主婦の友「ジャガイモの植え付け」に戻る時はこちら
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2009-06-08 14:04 | 家庭菜園 | Comments(0)


<< 「我が家の愛犬」 「スウィートコーンの収穫」 >>