「副鼻腔炎」

 酒席の日にして、今朝も前頭部が痛い。(5/15)  
ここ1週間同じ症状である。朝、起抜けから前頭部が痛くなり、午後には全体がズーンと痛くなる。
「アレルギー性鼻炎」のところでも書いたが、鼻炎の症状が3日ほど続き、乾燥と光化学スモッグで決定的になったようである。
 今まで「副鼻腔炎」で病院に行ったことは無いが、今回は己の診断確証のために「耳鼻咽喉科」へ久し振りに行く。
 案の定である。レントゲンにより前頭洞に微かに白い影を確認して、医者からも「副鼻腔炎」の診断を貰う。
当然であるが、抗生物質ほか対症療法薬数種を処方して貰う。
昼食後、痛み止めも含め服用すると頭痛は無くなくなり、酒席の準備が整う。(黒毛和種の最優良牛)                                   f0201348_1212473.jpg 余談であるが、この「耳鼻咽喉科」では若い先生自ら「耳掃除」もしてくれる。
数ヶ月前、誤嚥のように噎せることが続いたのでここへ来たが、その時も同じように「耳掃除」をしてくれた。
病状の説明もきちんと親切にしてくれるし、気持ちの良い病院である。
 昨日書けなかったので、今日は三本立てとなった。
 レントゲン写真がは無いので、挿絵は5月11日の「アレルギー性鼻炎」の項に続いて、美味しそうな黒毛和牛を載せよう。                      
                               
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2009-05-16 11:44 | その他 | Comments(0)


<< 「キウイ」 「楽しい酒席」 >>