「アレルギー性鼻炎」

 ここ数日は前頭部が痛く、孫の面倒をみるのが少なからず億劫である。
囲碁も集中力が最後まで続かず負けが込んでいる。
 杉花粉症でなく塵埃・異物刺激に敏感なのである。ご飯を食べても、鼻腔に刺激が走ると鼻水が止まらない。勿論、塵埃がひどい場所に行くとアレルギー性鼻炎の三拍子である。
もしかしたら、今回は副鼻腔炎かも知れないと思っている。いずれ耳鼻咽喉科での診断と治療が必要である。
 妻はずっと以前から杉花粉症で悩まされ続けて、最盛期には病院に駆け込んでいた。何も手につかず真っ赤に眼を腫らし、テイッシュを鼻に詰め込んでいた。
その当時、私にはアレルギー性鼻炎はなく、その苦しさを全く理解できなかった。
しかし、今は私の方が発症頻度も高く症状も重篤である。
 デスクワークに入るまでは家畜診療をしていたので、仕事場は雑多な塵埃が舞っている畜舎である。しかし、面白いことにその当時に発症することはなく、事務方に異動した後に発症したのである。       (黒毛和種雌牛の豊かなお尻です)
f0201348_2362820.jpgそして、時々元の仕事場に行くと途端に涙・鼻水・くしゃみに見舞われた。 
 そうこうしているうちに定年退職、左手の退職金、右手に鼻炎を手土産として初老の時期に大いに苦しんでいるのである。
 学生時代に鼻骨骨折の前歴があり、元々鼻の通りが非常に悪いので鼻炎の質がより悪い。
何故ここ数日、極端に酷いのか判断つかないが、多忙と中国産光化学スモッグと乾燥ではないかと決め込んでいる。
 特に持病も無く薬をあまり服用しないが、今は妻が買い置きしていた「鼻炎薬」をあり難く頂戴している。
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2009-05-11 18:16 | その他 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< 「お産前日の積り」(1) 「初参り」 >>