「家庭菜園」(5)

 5月に入って、畑の管理は私一人でしている。
普段は夫婦連れで作業分担するのだが、妻には娘がお産を控え2歳の孫のお守りがある。
 水は定期的にやっているので播種したイ「ンゲン」、「黒大豆」、「落花生」は10日以上かかってやっと数本ずつ芽を出してきた。
 一方、定植した苗は害虫駆除をしていないので少し弱ってきている。
私ども夫婦のいつものパターン、明日に延ばし続けてきたのである。
茄子以外の苗は、何故か判らないが虫が付いていてもさほど弱っていない。
茄子の下葉は枯れかかって本当に弱々しくしている。
f0201348_12443997.jpgf0201348_12445338.jpg
 虫の種類は判らない。1mm程度の赤い虫で、葉の裏に限らず茎にもずうずうしく歩いている。
また、葉の裏には別の正体不明の点のような黒い虫がかなりいる。
 苗は10種類くらい定植しているが、各種数本ずつしか植えていないので初めの間は葉に指をこすりつけてつぶしていた。しかし、雑草と虫には当然かなわない。
f0201348_12465311.jpg ここで菜園講習会で得た殺虫剤の出番である。
ストチュウ(ベースのEM液に名前の通り糖蜜、醸造酢、焼酎を加える)を乳剤に溶かし、木酢液を数滴たらしたものである。
全ての苗の茎と葉の表裏に丁寧に噴霧する。
 そして、時間任せに追肥と盛り土をしていったが、赤い虫がいやというほどうろついている。
憎し!とばかり指で一匹ずつ潰す。
 宿題を置いて来ると、ささやかであるが翌日の畑が楽しみである。f0201348_12455674.jpgf0201348_12461982.jpg
 来年のために、図書館に行って虫の種類を調べておきたい。
そして、「スィートコーン」、「タマネギ」、「ジャガイモ」(3種類)、「アスパラガス」等の生育状況をを掲載しておこう。
f0201348_12515995.jpgf0201348_12471719.jpg

 
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2009-05-07 14:22 | 家庭菜園 | Comments(0)


<< 「家庭菜園」(6) 「孫と公園」 >>