「超一流の選手達」

f0201348_20111080.jpg 書きたい話題も無いのに、だらだらと書くことは本意ではないが、囲碁の対戦待ち時間があるので書いてみよう。
 一昨日のマニー・パッキャオのKOシーンが強烈で、その残像が頭にこびりついて離れず、昨晩もビデオで再観戦してしまった。
 KO勝利後の興奮しているだろう時に、落ち着いて謙虚に語っていた。

f0201348_2012561.jpg 生来の人間性なのか、パックマンチーム(トレーナーほか)の指導なのか判らないが、いずれにしても立派である。
 つい最近、ヘビー級ボクサーのマイク・タイソンの番組があった。
ボクシングファンならずとも殆どの男性は知っているだろう。
不遇な子供時代を送りながらも、一流のトレーナーに恵まれ天分を遺憾なく発揮し、ボクシングの歴史に名を残すまでなった。
しかし、トレーナーの死後、金に寄って集る取り巻き連中から再び不幸な世界へ引きずり戻される。
 基本的には本人の自覚の問題と思うが、若くして「富と名声」を得た時、大半の人間は我を忘れ罠に嵌らないだろうか。
人間性の欠如した単なる一流は、風上にも置けない高慢ちきな輩と落ちぶれてしまう。
比較のしようはないが、凡人の世界でさえ、ちょっとした名声で有頂天になり我を忘れる人間がいる。
 反面、超一流の人はその才能の中に人間性も持ち合わせているのかも知れない。
或いは、そばにいる黒子が本人の自覚を待ち、手綱をぐっと握り締めているのかも知れない。
しかし、そういう環境を選択できるのも本人の人間性である。
 超一流の起業家も同じだが、取り巻きを嗅ぎ分ける能力と平行して、人知れず隠れた知恵者の箴言を素直に聞く耳を持っているようである。

「横綱の品格」に戻る時はこちら
「TV漬けも日曜日」に戻る時こちら
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2009-05-05 10:47 | 雑感 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< 「孫と公園」 「富士登山」(3) >>