「妻の花壇とカメラ」

 狭い敷地内でイメージ通りの花壇を作ることはできないが、妻は今日までガレージの上や玄関に色とりどりの花を咲かせている。もともと花が好きでレパートリーも非常に広く知識もある。 f0201348_1025896.jpg
f0201348_944588.jpgf0201348_9444678.jpg

 元来、私は花に無頓着であり興味も知識も無い。愛でることはあってもさほどの関心はなかった。
しかし、家庭菜園を始め、また一眼レフデジタルカメラを手に入れてからは写真を通して妻と二人で花の写真を撮っている。(購入費の半分は末娘が出してくれた)
 接写・望遠・逆光・夜間と色んな写真を撮っては、二人であーでもない、こーでもないと結構楽しんでいる。
f0201348_9463259.jpgf0201348_9454035.jpg 若い頃からマニュアル式の旭ペンタックスに親しんでいたので、ある程度の撮影知識は持っている。
しかし、最新式のデジタルカメラは応用範囲が格段と広がっている。
初老の頭を捻りながら、山の景色・季節の花等を思う存分撮っている。
 これから夏に向け、一段と日差しが強くなるので偏向フィルターやNDフィルターの使い勝手が多くなる。
「初老学事始」の趣味として大いに楽しめる。
素晴しい作品ができたらA4サイズにして飾っても良いと思っている。
 また、もう一つの趣味である水彩画にでもしたいと思ってアルバムを作っている。f0201348_948681.jpg
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2009-04-21 15:03 | 趣味 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< 「孫の似顔絵」 「天下り」 >>