「囲碁」

 学生時代1年半ほど寮(樺太寮:古くは樺太引揚者が対象であったのだろう?)のお世話になったので、勝負事は結構覚えた。
「囲碁」もその一つである。
 それ以来、長年「囲碁」に親しんでいるが、中々上達しない。
本格的に勉強したこともないし、指導を受けたことも無いので囲碁の本質的な部分を理解していないのだろう。
 ここ数年碁盤はなく、碁会所に行くこともなく対面での対戦をしたことは無い。
専らネットのみでやっているが、好・不調の波が半月ぐらいで巡ってくる。
不調時の一番の悪い癖は、序盤で相手の地に「やきもち」を焼いて入り込んでいき、弱い石をつくることである。
また、好調時はそれがうまくいき、概ね中押しで終わる。
 布石の段階で地を分け合うことを徹底しなければ上達も期待できないし、美しい碁も打てないような気がする。
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2009-04-12 09:02 | 趣味 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< 「ハイブリッド車」 「孫の退院」 >>